妊娠線・肉割れができやすい人できにくい人の傾向はある??

妊娠線・肉割れ予防クリーム

妊婦さんのおなか
◎まるねこママ
◎まるねこママ

こんにちは!◎まるねこママです!!
想像以上のペースで大きくなるお腹や体の変化。
赤ちゃんの成長、それを受け入れる体の変化を感じ嬉しい反面、
いわゆる妊娠線の心配がでてきますね。
できてしまうと治らないとも聞くし、何かケアや予防しておいた方がいいのかな?
と色々疑問がでてきます。
その中でも、そもそも妊娠線・肉割れができやすい人、できにくい人って傾向があるのでしょうか?
もしあるのならば、準備や対策もしやすいと思いますよね。
今回はそこを見ていきます!

↓妊娠線ができるメカニズムや妊娠線予防はいつからしたらいい?など基本的な事はコチラから↓

妊娠線ができやすい人の傾向とは??

妊婦 - GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集

妊娠線とは、
皮膚の奥にある真皮が、急激なお腹の変化についていけずに裂けてしまい、
赤紫色の線が浮き出てきてしまう、この断裂線を言います。

なので、
お腹の赤ちゃんがどんどん成長するにつれ、妊婦さんは誰でも妊娠線ができる可能性がある状況にあります。
その中でも、下記に該当する方ができやすいといえるでしょう。

双子以上の妊娠

無料写真] 羊のコスチューム姿の双子の赤ちゃん - パブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集

これは当然かもしれないですが、
一人より二人の方が、お腹の大きくなる部分が多く、妊娠線が出る可能性が高くなります。

高齢出産である

おなかを触る妊婦さん - No: 2779656|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

加齢により肌、真皮の弾力、柔軟性が低下し、断裂の可能性が高くなります。
ターンオーバーの周期が長くなったり、これは仕方がない事ですが毎日のケアでアンチエイジングしていきたいですね。

体型が小柄、やせ型である

妊婦無料歯科健診|パール歯科医院(千葉県船橋市)

もともとの皮膚面積がないため、急激な赤ちゃんの成長による、
皮膚の伸びる比率が大きくなりどうしても出来やすくなります。
小柄な方は骨盤が小さいため、お腹の前側が膨らみやすくなる事もあるそうです。

乾燥肌である

妊婦の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

もともと肌に近い表皮と違い、
肌の奥の真皮は伸縮性があまりないのですが、
乾燥により柔軟性を失ってしまうと断裂が起こりやすくなってしまいます。
もともと乾燥肌の方は注意が必要です。

二人目の妊娠である

妊婦の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

初産より2人目のほうが妊娠線が出やすい傾向にあるそうです。
一度出産を経験していることで子宮も皮膚も伸びが良くなっており、
一人目に比べてお腹が大きくなれるスピードも速いため妊娠線ができやすくなります。

皮下脂肪が多い

妊娠期別に紹介】マタニティヨガで出産に自信を持とう!おすすめポーズ14選 | YOGA HACK(ヨガハック)– 自分らしいココロとカラダを作る –

皮下脂肪は横方向への弾力性に乏しく皮膚の伸びについていけないため、もともと皮下脂肪が多い場合は妊娠線ができやすいと考えられています。

対策・予防は??

妊娠 妊婦 リボンのフリー素材・無料の写真 | 1920 x 1280| ピクト缶

肌の奥底までの保湿、潤いによる弾力性、柔軟性のキープ

絶対に作りたくない!"最強"の妊娠線予防!ケアはいつから?間違ったNG方法に注意 | kosodate LIFE(子育てライフ)

妊娠線予防の主なポイントは、
乾燥をさせない、
「肌の奥底までの保湿、潤いによる弾力性、柔軟性のキープ」にあります。

また、
妊娠時は個人差があるものの、
体の様々なところに変化が訪れ、
お腹だけではなく、いわば全身に妊娠線ができる可能性があります

そこで、
妊娠線予防・ケア方法としては、
「毎日のクリームなどによる全身の継続的な保湿」が一番有効です。

適度な運動をする

exercise

皮下脂肪が妊娠線・肉割れの要因ともなるため、
適度に脂肪を燃やすとともに、筋肉をつけることにより急激な変化を抑え込む事もできるそうです。
また、適度な運動は、肌のターンオーバーを促しますし、全身に好影響を及ぼします。
もちろん、妊娠中でありますので、無理などは禁物ですが、赤ちゃんにもメリットもあるそうですよ!!

体重管理をする

妊娠中の食事管理のポイントや食事量、注意点などを徹底解説! 妊娠中の食事バランスを知ろう

妊娠初期はつわりなど、なかなか食事が進まないかもしれませんが、
安定期を超えると逆にものすごく食欲が出てきます!!(もちろん個人差はありますが・・・)
私の場合は、つわりを超えると、常に口がさみしく、変な時間にも間食してしまい、
一気に体重が増加してしまいました(苦笑)
もちろん赤ちゃんのために栄養をたくさん摂る事は必要ですし、
赤ちゃんの分の体重が加わっているのですが、食べすぎには注意しましょう。
口がさみしい時に、何か誤魔化せるお菓子なんかを用意しておくと良いかもしれません。
皮下脂肪も肉割れの原因にもなりますし・・・

妊娠線・肉割れが出来てしまったら

一度できてしまったら消えないとも云われる
妊娠線・肉割れ。

といっても、
簡単に諦められないですよね!
諦められないそんな方におすすめなのが、
ノコアのアフターボディトリートメントクリーム!!

タイトルとURLをコピーしました