むくみ対策に効果のある食べ物は? 【スキンケア】

くすみ・黒ずみ・肌トラブル

むくみ
こんな悩みはありませんか?
◎まるねこママ
◎まるねこママ

こんにちは!◎まるねこママです!!
朝起きると顔のむくみがひどい・・・
顔がむくんでいるとそれだけで印象が違ってきてしまうし、メイクののりも悪くて気分も下がってしまいますよね。
むくみを起こすのは体内の水分がうまくバランスを保てておらず、体の中の水分が増えてしまうためです。
むくみを起こしやすくする生活習慣は運動不足や睡眠不足などいろいろなものがあります。
ですが、仕事をしているとライフスタイルをいっきにあれこれ変えるのは難しいということもありますよね。
そこで今回は生活の中に取り入れやすい食事でのむくみ対策に注目、むくみ対策に効果の期待できる食べ物を紹介します。

顔のむくみの原因は?むくみやすい人の7つの特徴

【塩分を排出するする食材】

むくみは体の中に余分な水分が溜まることで起こってしまいますが、体内に水分を溜め込みやすくする原因の1つが塩分のとりすぎです。

塩分をたくさんとると血中の塩分濃度が上がるため、それを薄めるために体は水分を溜め込もうとします。

なので、むくみ対策では余分な塩分を体の外に排出するのがポイントになります。

そこで取り入れたいのが塩分を体の外に出す効果のあるカリウムを多く含んだ食材です。

手軽にとれるカリウムを多く含んだ食材にはアボガドやバナナがあります。

どちらも皮をむけばそのまま食べられるし、アボガドはサラダに、バナナはヨーグルトに混ぜるなど調理の手間なく食べられるのがいいところです。

【利尿作用のある食材】

お酒の飲みすぎや塩分のとりすぎなどで体の中に水分を溜め込んでしまうとむくみが起こります。

また、体が冷えたり血行が悪くなることで水分の代謝が悪くなり体内に水分が増えてしまうこともむくみの原因です。

むくみ対策では体の中に溜まった余分な水分を体の外に出すというのも大切。

そこで取り入れたいのが利尿作用のある食材です。

とうもろこしやきゅうりなどの夏の野菜には利尿作用があり、特にとうもろこしのひげは利尿作用が高いのです。

とうもろこしから作ったとうもろこし茶にも利尿作用があるのでふだん飲むお茶をかえてみるというのもいいですね。

また、貝類にも利尿作用のある食材があります。

アサリやハマグリ、シジミなどはむくみ対策にうってつけの食材です。

【発汗作用のある食材】

体が冷えることで血行が悪くなり水分がうまく運べずにむくみが出てしまうということもあります。

最近は秋冬の寒い季節だけでなく、春から夏にかけては冷房で体が冷えるという人も多く1年を通して冷えで悩んでいる人が多いですよね。

冷えからくるむくみ対策には体を温めてくれる発汗作用のある食材が役立ちます。

簡単に取り入れられるのは生姜。

体を内側からじわじわと温めるなら火を通したり、天日干しをした熱を加えた生姜を使うのがおすすめです。

実は生の生姜に含まれるジンゲロールには解熱作用があるため体を温めるには不向き。

ですが、しょうがを加熱することでジンゲロールがショウガオールに変わります。

ショウガオールは冷えによって滞りがちになった血流をよくして、体のすみずみまで血液を行き渡らせることで、体をポカポカと温めることができるといわれています。

ふだんあまり料理をしないという人は乾燥させて粉末状になったしょうパウダーを用意すると便利です。

食事や紅茶などの飲み物にさっと混ぜるだけで簡単に生姜をとれますよ。

【まとめ】

食べ物によるむくみ対策では塩分や水分の排出と体を温めるというのがポイントになります。

どの食材をとるかによって含まれる栄養素や成分が違うので、自分の冷えの原因やひえを起こす生活習慣が何なのかを見極めて食材を選ぶことが大切です。

どれも簡単にとれるものなので、自分にあった食材を取り入れてむくみ対策に役立ててみてくださいね。

むくみ改善にはサプリもあり!

タイトルとURLをコピーしました