塩スクラブとシュガースクラブはどちらが良い?肌への効果と使い分け方

スキンケア

塩スクラブ・砂糖スクラブ
どっちがいい??
◎まるねこママ
◎まるねこママ

こんにちは!◎まるねこママです!!
スクラブは肌の古い角質を落としツルツルのモテ肌をつくるのに欠かせないアイテムですよね。
でも、同じスクラブでも塩からできたものと砂糖からできたものがあり、お肌に優しく効果が高いスクラブはどちらなのか?悩みますよね。
そこで今回はスクラブの塩と砂糖の効果の違いや使い分け方をわかりやすくお話します。

【スクラブは塩と砂糖どっちがいい?】

塩や砂糖

今はたくさんのスクラブ商品が売られているし、スクラブは家でも簡単に手作りできますよね。

私もスクラブを手作りしてみようと思ったのですが、そこで悩んだのが「塩と砂糖、どちらでスクラブを作るのがいいんだろう?」ということでした。

ふだんお店で購入している時はボディ用、フェイス用ともともと別れているのでそれほど気にしていなかったのですが、
自分で一からスクラブを作ろうと思うと材料が気になります。

お肌に優しいのはソルトスクラブなのかシュガースクラブなのか?

調べてみると塩と砂糖のスクラブではそれぞれメリットや使うのに適している体の部位が違うということがわかりました。

【塩スクラブの特徴】

塩の写真

塩は一粒一粒の粒子が粗く固いので、スクラブにすると古い角質を落とすのに役立ちます。

なので、ひじやひざ、かかとなど角質が固くなった部分の角質オフなら塩スクラブが向いています。

また、塩には血行を促す効果もあるので全身のマッサージにも向いています。

さらに塩の成分には殺菌効果や毛穴を引き締める効果あるので、ソルトスクラブを顔に使うと脂っぽい肌やニキビの解消にも効果が期待できると言われています。

ただ、最初に書いたように塩は粒子が粗く固いのでデリケートな顔のお肌に使うには注意が必要です。

また、塩で作られたスクラブは顔体ともに傷があるとめちゃくちゃしみます。

肌が弱い人はピリピリすることもあるので気をつけてくださいね。

【砂糖スクラブの特徴】

砂糖の写真

砂糖は塩に比べると一粒一粒の粒子が細かく柔らかいのでお肌に優しいスクラブに仕上がります。

また、砂糖には吸水効果、保湿効果が期待できるのでしっとり潤った肌をつくってくれるとも言われています。

そのため、シュガースクラブは古い角質を落とす効果は塩に比べると劣りますが、肌に優しくお肌の潤いを増すのに向いています。

砂糖で作られたスクラブは顔や首、デコルテなど肌が薄くデリケートな部位に使うのにおすすめです。

ただ、塩よりは柔らかいといっても砂糖も粒ですので、肌に強くこすりつけるのはよくありません。

顔まわりのお肌は傷つきやすいのでシュガースクラブでも強くこすらず優しく撫でるくらいで十分です。

【顔に使う時はパッチテストをしてからのが安心】

塩スクラブより砂糖!美肌菌も育てるシュガースクラブとは? - Ameba News [アメーバニュース]

塩も砂糖もふだんから口にしているものかと思いますが、食べるのと肌に直接のせるのでは刺激が違います。

特に顔の肌は薄く敏感です。

なので、塩スクラブでも砂糖スクラブでもまず腕の内側の柔らかいところで試して異常がないか確かめてから顔に使ったほうが安心ですよ。

【スクラブの塩と砂糖の違いまとめ】

シュガースクラブ or 塩スクラブ、美容賢者のオススメはどっち? | 美的.com
・塩と砂糖ではスクラブが発揮する効果に違いがあります。
・古い角質を落としたいなら塩、デリケートな部分に使ったり肌に潤いを足したい時は砂糖のスクラブが向いています。
・顔に使う時はパッチテストをしてからのが安心です。
タイトルとURLをコピーしました