夏に肌が老けるインナードライを防ぐ簡単ケア【スキンケア】

スキンケア

インナードライ肌
◎まるねこママ
◎まるねこママ

こんにちは!◎まるねこママです!
夏の肌ケアといえばぱっと思い浮かべるのが紫外線対策ですよね。
でも、日焼け止めを塗ってUV対策のコスメを使ってしっかりケアしているのにどうも肌の調子がイマイチ・・・なんていう人もいると思います。
そう、実は夏に肌を老けさせる原因は紫外線だけではないんです。
パッと見は潤っているようなのにどうもメイクのノリが悪い、肌がゴワゴワする、皮脂が多くて顔がテカる・・・
そんな時はもしかしたら肌がインナードライの状態になっているのかもしれません。
そこで今回は自分では気づきにくい夏の肌のインナードライと簡単にできる対策についてお話します。

【夏に肌が老ける原因】

夏は汗や皮脂で肌がベタベタするという人が多いと思います。

暑いので体を冷やすために汗がたくさん出るし、気温だけでなく湿度も高いので肌が潤っているように感じたり、皮脂でベタベタに感じることもあります。

そのため、汗や皮脂を取り除いて肌をさっぱりさせようとオイリー肌を抑えるケアをする人が多いです。

でも実はここに見落としがちな落とし穴があります。

夏は屋外にいるとものすごく暑いですが、一歩室内に入れば冷房が効いていていますよね。

冷房でガンガン冷やされた部屋にずっといると体が冷えてきて血行が悪くなるほど。

そうなると、自律神経が乱れて肌の調子が悪くなったり、体の内側のめぐりが滞って肌に水分を溜めておけないなんてことにもなります。

その結果、夏の肌の内側は水分不足で乾燥状態になってしまっていることがあるんです。

肌表面はベタベタしているので自分では気づきにくいのですが、そのまま油分を落とすケアを続けていると体は「肌の乾燥が進んでいる」と思って余計に皮脂を出すようになります。

すると汗や皮脂で肌がベタベタになり、それを何とかしようとオイリー肌のケアをしてさらに水分不足になる、という悪循環。

夏はしっかり肌ケアしないと肌が老けると言われますが、実はこのインナードライが夏に肌を老けさせる大きな原因になっているんですね。

そこで次に夏の肌のインナードライをケアする簡単なスキンケアのポイントを紹介します。

【クレンジングで汚れを落とす】

.

夏は汗、皮脂が多く出るのはもちろん、毎日のメイクに加えていつも以上に日焼け止めをしっかり塗ります。

中でもウォータープルーフの日焼け止めはとても落ちにくく、肌に残ったままになっていると肌の負担になるし、化粧水や美容液などが肌にしみこみにくくなってしまいます。

そこで、肌の内側を潤すためにはまず肌表面の汚れをしっかり落とす毎日のクレンジングがポイントになります。

メイクや日焼け止めを落とすために夏は洗浄力の強いクレンジング料を選びがちですが、インナードライの肌に使うクレンジング料は潤いを落としすぎないものを選ぶのが大事です。

おでこ、両頬、鼻、あごの5点にクレンジング料を置いて額から円をかくように優しくなじませていきます。

小鼻の周りやあごは特にざらつきやすいので指の腹を使ってクルクルと小さな円をかくように丁寧に毛穴の汚れを落としていきます。

顔の中でも目の周りは皮膚が薄いのでとにかく優しくゆっくりとケアしてくださいね。

メイクや汚れが浮いてきたら最後にぬるま湯を手にすくって顔にかけてきれいに洗い流します。

ちなみに、顔をすすぐ回数が多いと肌に必要な油分まで洗い流してしまうので、肌の乾燥がひどい場合はW洗顔不要のクレンジング料を選ぶのもポイントです。

皮脂が多いオイリー肌の人はベタつきやすいTゾーンだけ洗顔するのもあり。

自分の肌の状態を見極めてクレンジングするのが大切です。

【たっぷりの化粧水で保湿】

温めるから毛穴の汚れもゴッソリとれる!温感クレンジング|All About ...

夏は気温や湿度が高く本来は肌が柔らかくなる季節です。

でも、現代は室内はエアコンがかなり強めにきいているので体が冷えたり、夏でも冷え性で悩む女性も多いですよね。

体が冷えて血行が悪くなると肌に水分や栄養がめぐりにくくなるため、肌がゴワゴワとかたくなったり水分がしみこみにくくなることがあります。

そういう肌には化粧水がなかなか浸透していきません。

そこで、肌がインナードライになっている時は洗顔後の化粧水を2回に分けてしっかりなじませるのがポイントです。

まず、化粧水の適量の半分を顔全体になじませます。

1回目の化粧水は乾燥した土に水をまくようなものなので、潤った感じは少ないです。

ですが、このおかげで2回目の化粧水が肌に入りやすくなります。

2回目の化粧水は1回目より時間をかけてつけていきます。

目の周りなどは乾燥しやすいので特に丁寧に化粧水をなじませて、最後に手の平全体を使って顔を包みハンドプレスで化粧水を肌に入れ込みます。

時間をかけてしっかりと保湿することで肌の奥まで化粧水をいき渡らせることができますよ。

これを続けていくと肌が潤うだけでなくキメが整い毛穴も目立ちにくくなります。

また、化粧水でたっぷり水分補給をした後はクリームでふたをするのも忘れずに!

夏は暑くてべたべたするのでクリームをつけない人もいますが、化粧水をつけた後にそのままでいると肌表面の水分は時間とともに蒸発していってしまいます。

そこで油分の含まれているクリームや乳液を使うことで肌の表面に薄い膜をつくって水分が逃げないように保護して肌の内側に水分をキープします。

【まとめ】

夏の肌はベタベタして一見オイリー肌に傾いているように感じます。

ですが、人によっては水分不足や血行不良から肌の内側が乾燥することで余計に皮脂を出している可能性もあるので注意が必要。

家に帰ったら肌の汚れをきれいに落とし、たっぷりの化粧水で水分補給をしてあげてくださいね。

さっぱりタイプの化粧水や乳液などアイテムをきちんと選べば重ねてぬっても必要以上にべたつくことはありません。

夏の肌の老化を防ぐためには毎日の肌への水分補給が欠かせませんよ。

妊娠線・肉割れ予防市販クリームおすすめランキング
東京でNIPT(新型出生前診断)を受けられるクリニック

大阪(関西)でNIPT(新型出生前診断)を受けられるクリニック

タイトルとURLをコピーしました