【デリケートゾーンの黒ずみ】デリケートゾーンのムダ毛ケア(脱毛)で黒ずみ悪化!?原因と処理方法まとめ

くすみ・黒ずみ・肌トラブル

デリケートゾーンの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ...
◎まるねこママ
◎まるねこママ

こんにちは!◎まるねこママです。
「デリケートゾーンが黒ずんでいる=遊んでいる子」。
このようなイメージを持つ男性は、かなり多いようです。
ではデリケートゾーンが黒ずんでいる女性はみんな自由奔放に遊んでいる子ばかりなのでしょうか?
答えはもちろん、NOですよね
その証拠に、男性経験がない10代・20代の女性で黒ずみに悩んでいる人が多く存在します。
デリケートゾーンの黒ずみが起こる原因は色々ありますが、
今回は「自己処理」が原因の黒ずみについてまとめました。


ワキ・VIOや肘・膝などの黒ずみが気になる方へ
朝晩2回ササッと塗るだけ! 透明感のある肌へ導く「シークレットケアジェル」
今だけ初回限定価格980円(75%OFF) 万が一、お肌に合わない場合に安心の30日間返金保証月!

↓シークレットケアジェルはこちらから公式HP↓
ワキ・デリケートゾーンの黒ずみに



『自己処理でデリケートゾーンが黒ずむ2つの理由』

デリケートゾーンの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ...

冒頭でお伝えしたように、間違った自己処理の方法はデリケートゾーンの黒ずみを引き起こします。

でも、どうして黒ずんでしまうのでしょうか?

原因が分からないと、どのようにムダ毛をケアしていいか分かりませんよね。

まずは自己処理で黒ずむ原因を2つ、ご紹介します。

『理由1.刺激でメラニン生成が活発になる』

デリケートゾーンの自己処理方法と聞いて、何を思い浮かべますか?

広範囲を一度に処理するならカミソリ、気になる部分だけ綺麗にしたいなら毛抜きが便利ですよね。

でも実は今紹介した自己処理方法は、どちらも黒ずみを悪化させるリスクがあります。

カミソリと毛抜きでは、処理方法が全然違うのに不思議ですね。
カミソリは皮膚の表面を傷つけます。

一方毛抜きは皮膚表面を傷つけませんが、引っこ抜くときに毛穴周りの皮膚を傷つけます。
つまりどちらの処理方法も、「皮膚に刺激を与える」という点です。

刺激を与えられると、皮膚内部ではメラニン生成が活発になります。

つまり自己処理で皮膚に刺激を与えてしまうと、必要以上にメラニンを作ってしまうのです。

ご存知の方も多いと思いますが、作り過ぎたメラニンは少しずつ蓄積され、黒ずみとして表面に出てきます。

黒ずみは、ある日突然に出てくるのではありません。
毎日少しずつ、少しずつ黒ずんでいって、それが目立つ頃になってやっと「あれっ!?私のアソコ、こんなに黒かった!?」と気が付くのです。

そう考えると、デリケートゾーンの黒ずみが1日やそこらで綺麗にならないのも納得できますよね。

だって何か月、何年とかけて蓄積されたメラニンが、黒ずみを作っているのですから。
まずは黒ずみを悪化させる自己処理の方法をやめること、そして今ある黒ずみが気にならなくなるような正しいケアを行うのが綺麗への近道です。

『理由2.乾燥で皮膚がくすんでしまう』

自己処理で黒ずむ原因は、メラニン生成が活発になるだけではありません。

20代後半からは、自己処理による乾燥にも注意が必要です。

カミソリで処理した後、肌がヒリヒリ赤くなったり、カサカサして痒くなった経験はありませんか?

除毛剤や脱毛ワックスで処理した後に、薄い皮が剥けたことがある人もいるかもしれませんね。

処理後はいつも使っているボディローションが沁みてしまう、という人もいるでしょう。

これらすべてに共通しているのが、肌の乾燥。

これらのトラブルの主な原因は、カミソリの刃や薬剤によって肌細胞が傷つき、お肌がカサカサに乾燥してしまうことで起こるのです。

さらに怖いのは、肌の乾燥が続くとメラニンが排出されにくくなってしまうこと。
メラニンが蓄積され続ければ、デリケートゾーンはますます黒ずんでしまいます。

さて。夏に真っ黒に日焼けした子供たちが冬に元通りの色になるのは、なぜだと思いますか?

それは、子供たちの新陳代謝が良いから。
新陳代謝が活発な方が、黒ずみが早く綺麗になりそうですね。

でも実は、年齢とともに新陳代謝はどんどん下がってしまいます。

つまり10代より20代、20代より30代、30代より40代・・・どんどんデリケートゾーンは黒ずみやすくなってしまうということです。
乾燥は、皮膚の新陳代謝を悪くしてしまいます。
今ある黒ずみが少しでも早く良くなるように、保湿してあげると良さそうですね。

なおデリケートゾーンには、専用の保湿剤も販売されています。

大きなドラッグストアに並んでいることもありますが、最近はインターネット通販で買える保湿剤が増えています。

お店で買うのに抵抗がある方は、ネットで探してみるといいかもしれません。

クリームタイプ、ジェルタイプ、オイルタイプなど、市販のボディケア用品並みに色々な種類が売られていますよ。

「実際に手に取って確認できないし・・・」と思う方は、口コミも活用してみましょう。

香りやテクスチャ、どれくらいで効果が出たかなどが書いてあるので、かなり参考になります。

『どれが良いの?デリケートゾーンの自己処理方法6つ』

デリケートゾーンの脱毛は痛い?効果は?気になるメリデメまとめ

デリケートゾーンの自己処理は黒ずみ悪化のもと。

できれば処理しないのが一番なのですが、かといってボーボー状態で放置しておくわけにもいかないですよね。

どのような自己処理方法なら黒ずみにくいのかを確認しておきましょう。

『処理方法1.カミソリ』

一番手軽な自己処理が、カミソリを使う方法。

T字タイプ・スティックタイプの2種類が主ですが、デリケートゾーンのような細かい部分は「スティックタイプ」を使う方が多いようです。

メリットは、毛の生え際からしっかり剃れることです。
うまく剃れれば、剃り跡はツルツル。
手で触っても毛があったことを感じさせないので、チクチクするのが嫌だという方に人気があります。

一方デメリットは、処理後数日でチクチクと毛が生えてくること。
表面に出ている毛を剃るだけなので、頻繁に処理しなければいけません。
2~3日は綺麗だという人もいれば、1日たたずにチクチクと出てきてしまうという人も…。

また肌表面にカミソリの刃が直接触れてしまうため皮膚刺激が大きく、黒ずみリスクも一番高いです。

剃った後にヒリヒリと赤みが出たり、痒みが出るというトラブルも。

処理前にローションで保護しておく、処理後は保湿剤で乾燥を防ぐなどして、デリケートゾーンの皮膚をしっかり守ってあげましょう。

『処理方法2.毛抜き』

毛抜きは、カミソリと並んで定番の処理方法です。

1本1本抜いていくので広範囲の処理には向きませんが、気になるところだけをピンポイントで処理するのに向いています。

メリットは、一度処理すると効果が長持ちすること。
毛の根っこから引き抜くので、長いと1~2週間ほど処理しなくても綺麗な状態が続きます。

デメリットは、2つ。

1つ目は毛がうまく抜けなかった場合、「埋没毛」が出来てしまうこと。
途中でブチッと切れてしまった毛が、皮膚の中で埋もれてしまう状態のことです。
見た目に良くないのはもちろんのこと、炎症が起きたり、ブツブツでさわり心地が悪くなってしまうことがあります。

2つ目は、皮膚トラブル。
毛根から引っこ抜くと、毛穴にはポッカリ穴が開きます。
そこに皮脂や汗、ほこりといった汚れが詰まると、毛穴が黒ずんだり、炎症が起きてしまうことも。
また毛抜きの刺激は、カミソリと同じくメラニン生成を促進してしまいます。

特にデリケートゾーンは皮膚が薄く敏感な部分なので、黒ずみが気になるなら毛抜きは使わない方が良いかもしれません。

『処理方法3.除毛剤』

皮膚表面に出た毛を薬剤で溶かし、除毛する方法します。

毛抜きと違って皮膚の内側にある毛は処理できないので、カミソリに近い処理方法です。

メリットは、一度に広範囲を処理できること。
薬剤を塗って一定時間待つだけで、一度にムダ毛がなくなります。
またカミソリのように表面を剃らないので、処理後の毛の断面がチクチクしにくいのも嬉しいですね。

デメリットは、刺激が強いこと。
毛を溶かす薬剤は強力です。
毛だけではなく、肌表面にもかなり強い刺激を与えます。

デリケートゾーンのような敏感な部位に使うと、皮膚がただれたり、皮が剥けてしまうといった重大なトラブルになりかねません。
ただれや皮むけは、カミソリで処理する以上に皮膚の刺激となります。

つまり黒ずみの原因となるメラニン生成が活発になってしまう、ということです。

また市販の除毛剤のほとんどは、腕や足用。
注意書きを読むと、デリケートゾーンのような敏感な部位に使えないものがほとんどです。

必ずパッケージの注意書きを確認したうえで、デリケートゾーンに使うかどうか判断されるようにしてください。

『処理方法4.ワックス』

最近は都心部を中心に、ブラジリアンワックスのお店が増えてきましたね。

VIOなどデリケートゾーン専用のお店もあるので、定期的に通っているという方もいらっしゃるかもしれません。
ワックス脱毛の方法はシンプルです。
毛が気になる部分に油性もしくは水性のワックスを塗り、乾いたら一気にビリッと剥がします。

痛みは相当のもので、ここで紹介する処理方法の中では断トツです。
ガムテープをデリケートゾーンに貼って剥がすときの、3倍くらい痛いとイメージしてもらえばいいかもしれません。

メリットは、綺麗な状態が長持ちすること。
原理的には毛抜きで一気に引き抜くようなものなので、1~2週間ほど綺麗な状態が続きます。

デメリットは毛穴が開いたり、真っ赤になったりと皮膚トラブルが大きなこと。
一度にワックスを剥がすときの皮膚刺激は、黒ずみ悪化のリスクも伴います。

刺激や乾燥リスクが毛抜きよりも高いので、定期的にワックスで処理する場合は注意が必要です。

『処理方法5.ヒートカッター』

毛の長さを整えるための道具です。

デリケートゾーンはスティックタイプが主流で、電熱線を毛にあてて焼き切ります。
皮膚に直接電熱線が触れないような設計になっており、根元から毛を処理することはできません。

メリットは、皮膚刺激がほとんどないこと。
他の自己処理方法と違って、皮膚に直接刺激を与えません。
黒ずみが気になる方でも安心して行える処理方法です。

デメリットは、根元から剃れないこと。
カミソリや電気シェーバーのように肌に触れないので、根元から綺麗に処理することが出来ません。
出来るのは、今生えている毛の長さを整えることだけです。

つまり余計なところに生えた毛を処理したい、デリケートゾーンの形を整えたい・・・という時には使えません。
そのためカミソリや電気シェーバーにプラスして使っている方が多いようです。

『処理方法6.電気シェーバー』

今回紹介する自己処理方法の中で、オススメの処理方法が電気シェーバーです。

VIO脱毛のサロンやクリニックでも、デリケートゾーンの処理には電気シェーバーを勧められます。

メリットは、カミソリよりも肌に刺激を与えないこと。
電気シェーバーは外刃と内刃が組み合わせって作られており、カミソリと違って刃が直接肌に触れません。
剃るときの刺激はゼロとは言いませんが、カミソリと比べると黒ずみのリスクは低いと言えるでしょう。

デメリットは、カミソリほど深剃りできないこと。
直接肌に触れないので、剃った後のお肌がツルツルにはなりません。
毛の頭が少し出ていたり、見た目は綺麗でも触ると少しチクチクしていたりします。

また表面の毛しか処理できないので長い人で2~3日、短い人だと1日たたずに新しい毛が伸びてきてしまいます。

『まとめ』

デリケートゾーンの自己処理方法で黒ずみが悪化すると言われているのは、皮膚刺激によってメラニン生成が過剰に作られてしまうからです。

さらに処理後は肌が乾燥しやすく、過剰生成されたメラニンがうまく排出できなくなってしまいます。

とはいえ自己処理をせずにデリケートゾーンを放置、というのも女性として悩ましいですよね。

デリケートゾーンを自己処理するときには、電気シェーバーやヒートカッターなどなるべく刺激を与えない方法がオススメです。

なお手軽に処理できるカミソリは、黒ずみリスクが一番高いのでご注意ください。

肉割れを消すノコア

タイトルとURLをコピーしました