セルライトとは?原因と消し方、潰すってどういう事??

スキンケア

セルライト撲滅対策!家でできる簡単美脚マッサージ | シューズLABO ...
◎まるねこママ
◎まるねこママ

こんにちは!◎まるねこママです。
お尻や太ももにいつの間にか出来てしまったボコボコ。
これがセルライト!?そもそもセルライトとはなんなのか。
消す事はできるんだろうか?できるのなら消し方は?
今回はセルライトのお話です。

セルライトとは? おしりや太ももにできやすいのは何故?原因は?

エステじゃなくても取れる!? 自宅でできる太もものセルライト除去テク ...

セルライトとは?

お腹、太もも、お尻の付け根などによく見られる肌表面の凹凸、オレンジの皮に似ていることから英語では「オレンジピールスキン」と呼ばれるセルライト。
日本人女性の80%以上にあると言われます。
このセルライト、見た目の美しさだけでなく、「冷え」の原因のひとつとも考えられ、私たちの健康、後にはココロまで影響を及ぼす存在です。
この悪しきセルライト、実は、2~3年かけてじっくりと肌表面に凹凸として現れてくるということは、あまり知られていません。
つまり、今、お肌に凸凹がなくても、着々と「セルライト予備軍」が作られているのです。

セルライトは、お肌のすぐ下で着々と作られています。
それは、肌組織の表皮(厚さ0.2~0.3mm)、真皮(厚さ1.8~2.0mm)の下、皮下組織にある「脂肪細胞」がベースとなっています。
セルライトはどこで作られる?

「脂肪細胞」を取り囲む毛細血管や毛細リンパ管などのカラダの循環機能、つまり、「カラダの巡り」が悪くなることを起因とし、徐々に血管やリンパ管から溢れでた不要なものを「脂肪細胞」は引き寄せ、大きくなっていきます。
更に、その肥大化したモノ同士がお互いに結びつき、 お肌のわずか数mm下に位置する表皮、真皮を押し上げ、肌表面に凸凹として現れ出てくるのです。

セルライトと呼ばれる肌の凸凹は、
体の巡りが悪くなり、脂肪細胞が大きくふくらむことで皮下組織の一部が引っぱられることからできてしまう状態ということです。

セルライトが出来てしまう流れ

1.ホルモンバランスや自律神経の乱れ、冷え、年齢による代謝の低下などにより血行不良が起こり、老廃物がたまりはじめる
2.脂肪細胞の代謝が乱れ肥大化。脂肪細胞内に脂肪をためこむようになり、2~3倍の大きさになる
3.肥大化した脂肪細胞により、さらに血管が圧迫され血行が悪化
4.脂肪細胞同士が付着し塊に成長。老廃物もさらに溜まって、皮膚表面にも凸凹がはっきりわかる状態に

セルライトが出来てしまう原因は?

冷え性やむくみ、血行不良

冷え性であったり、むくみの悩みを持つ方は、足や手など末端の血液循環が悪い場合が多いです。
脂肪の燃焼へも悪影響を与えてしまうため、セルライトを増大、悪化させやすい可能性があります。

運動不足

リンパや血液の流れが悪くなったり、四肢が冷えるとセルライトができやすくなります。
体の巡りにくくなる要因として、運動量の不足や、姿勢を変えずにいることがあります。
筋肉が使われずにいると、細胞に十分な栄養素が行き渡らないため、体の巡りが悪くなり、
この状態が長く続くと脂肪細胞の状態が変化し、周辺を繊維が取り囲んでセルライトが生まれる原因になります

ホルモンバランスの崩れ

妊娠や更年期などで女性ホルモンのバランスが大きく変化するとき、また、月経による周期的なホルモンバランスの変化もセルライトに影響があります。

寝不足や不規則な生活

寝不足や不規則な生活リズムは自律神経の働きを乱し、代謝機能が低下してセルライトが出来やすい体質になってしまいます。
これはお肌すべてにおいて悪いので規則正しい生活はしていきたいです。

食生活

肉中心の食生活だと血中コレステロールを増加させて血行を悪くしセルライトの原因にもなります。
やはり野菜などを含めバランスの良い食事を3食摂る事で生活のバランスも向上していきたいです。

喫煙

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ、血液の流れを悪くすると云われています。

加齢による老化現象

加齢による代謝の低下が筋力を衰えさせ、皮膚にたるみをつくり、さらに血管やリンパを圧迫してセルライトを生じさせます。

◎まるねこママ
◎まるねこママ

心当たりはありましたか?
ただどれも普段の生活を少し気を遣ったり、運動をするだけで改善可能なものばかりです。
規則正しい生活を送ってセルライトを予防しておきましょう!

セルライトを撃退!予防・消す方法はある?

足リンパマッサージ・堺市の大久保整骨院・鍼灸院

セルライトの除去をするためには、自分のセルライトがどの種類かを知る必要があります。

脂肪が原因の場合、むくみが原因の場合、繊維化や筋肉質など、セルライトの理由はいろいろです。

脂肪が肥大化し、コラーゲンで固めれたタイプのセルライトは、脂肪が原因になったセルライトとして、脂肪型セルライトと呼ばれます。
セルライトがある人の半数が脂肪型セルライトであるといいます。
最も脂肪に近いタイプなので、取り除きやすいセルライトです。

脂肪が繊維化してできるセルライトは、皮膚がでこぼこして見える特性があります。
セルライトになってからしばらく経っているため、そう簡単に取り除くことができないというネックがあります。

むくみ型のセルライトは、冷え性などによって、むくむ事が原因でできるセルライトです。
むくみが気になる部分の代謝を上げて、引き締めることで、やわらかくしてむくみ解消が可能です。

体を筋肉がしっかり覆っている人が、何らかの事情で運動をやめると、当初は筋肉があった場所が徐々に脂肪に置きかわり筋肉質型のセルライトになってしまいます。
筋肉質型のセルライトは、自宅でのケアで取り除けないほどに固いので、エステや美容外科でのセルライト除去施術を受ける必要があります。

自分のセルライトがどんな理由でできたものかによって、対策の講じ方は差があります。
どんな方法な自分のセルライトを除去しやすいかは、原因にまでさかのぼってみることが大事です。

①冷えを撃退!体を温める

セルライトができてしまう大きな要因として“冷え”があります。
冷えにより、代謝が落ちて脂肪燃焼力の低い体は、老廃物をうまく排出できずにセルライトを出現させてしまいます。
体を温めて血行を良くし、代謝を上げましょう!

冷え性の要因は、

筋肉量
筋肉が伸縮することでポンプのように血液を送り出すので、体のすみずみまで血液を循環させて体を温めます。
筋肉量が少ないと体の末端まで血液を送りにくいです。男性に比べ女性に冷え性が多いのはこのせいでしょう。
ホルモンバランス、ストレス、生活習慣などによる自立神経の乱れ
様々な要因から自律神経のバランスを乱し、体温調節機能も乱れる事につながります。

改善策としては、
・ウォーキングや階段を積極的に使うなど体を動かす事で筋力をつける。
・冷たい飲み物や食べ物ではなく温かいモノ、体を温める食材を積極的に摂る。
・夏場でも40〜42度のお湯で、全身しっかりつかる習慣をつける。

などが単純ではありますがおすすめです。

➁有酸素運動を行う!

セルライトを予防、除去したい方は、毎日少しずつでも運動をする習慣をつけるといいでしょう。

繰り返しになりますが、リンパや血液の流れが悪くなったり、四肢が冷えるとセルライトができやすくなります。

体巡りにくくなる要因として、運動量の不足や、姿勢を変えずにいることがあります。
セルライトは、体内に留まっている老廃物が、脂肪細胞とくっついてできます。老廃物は身体の代謝が悪くなると多く残ります。
セルライトの予防、除去のために大事なことは、①でもオススメしたように体温を上げて代謝を促進することです。

体を動かすことで血液が酸素を運搬するために流れを改善しますし筋力もつきます。
ウォーキングは、どんな人でもできるくらいの軽い運動ですが、セルライト除去効果が期待できます。
身体に蓄積されている脂肪を燃やして使い果たすために、ウォーキング運動などの有酸素運動を続けることで、運動をしなから呼吸を行い、脂肪を燃やすことが可能です。

忙しくてウォーキングの時間がつくれないという方は、エスカレーターを階段に代えるなどちょっとした事を置き換える事でも効果があります。
即座に効果が出ることはありませんが意識を変えることも大事です。



➂マッサージを行う!



血流の停滞を改善し、リンパ液や血液が流れやすい状態にすることがセルライト予防、消す事には重要です。
セルライトのこわばりをほぐして血流のいい状態にすることで、老廃物を体外に排出しやすい状態にしていきます。

足裏の緊張をほぐすように押して血行を促進、そして、つま先から太腿に向かってマッサージするのが効果的です。
特におすすめなのは、お風呂上がりなど体が温まっている状態でさするようにするリンパマッサージです。
肌の表面が乾いている時にマッサージをすると指の腹との摩擦が起きますので、お風呂上りが良いです。オイルやクリームを使うのも◎。
セルライト除去のためのマッサージには、セルライト対策にいい成分が入ったオイルも役立ちます。



④エステでプロの施術を受ける!

セルライトは単なる脂肪とは違うものである為、一度出来てしまうとそう簡単には解消することが出来ない場合もあります。

「セルライトは“潰す”ことで消せる」というテクニックを紹介しているHPなどもありますが、強く潰すようなこのやり方では、
新たなセルライトが出来てしまう可能性があります・・・。
(強いマッサージは皮膚の組織や毛細血管を傷付けてしまいます。そうすると、コラーゲンの再生機能によって新たなセルライトを作ってしまうので、“潰す”というテクニックはセルライト除去には逆効果となってしまうのです。)

そんな頑固なセルライトはプロにお任せしましょう!
エステにはセルライト除去コースがありますので、セルフケアでは対処できないという人は利用するといいでしょう。

しかし、しっかりとしたセルライトケアの技術を持っているエステを選択することが大切です。

どのエステに行くかで、セルライトを除去する手段ことが変わるということは覚えておきましょう。

エステの下半身ダイエットのコースでは、下半身が太く見える理由がむくみか、水太りか、セルライトかなどをまず判断してから方針を決めるというところもあります。
下半身のサイズ、特に太ももなどのサイズに悩んでいる人は、その原因が何なのかを確かめた上で対策方法を立てるのが得策です。
ウエストや太ももに蓄積しているセルライトを取り除きたいなら、エステの美容施術が有効です。
女性はもともと下半身に脂肪がつきやすくできており、頑固なセルライトの悩みを抱えている人も多いようです。


エステの痩身コースを利用することで、短い期間でセルライトを取り除くことができます。
痩身エステでは下半身のセルライトを解消する方法があり、エステサロンによってオリジナルの痩身施術があります。
基本はエステティシャンによるハンドマッサージによるセルライトの揉み出し、そして超音波によるキャビテーションの施術もあります。
老廃物と絡まりあってなかなか取り除くことが難しいセルライトでも、エステの施術で柔らかくほぐしてあげることによって、分解や代謝を促進し、リンパ液で流すことで体外に排出されやすくできます。
多くのエステが、破格の金額で最初の一度を試すことができますので、まずは試してみてから判断をするといいでしょう。
トライアルと同時にカウンセリングも受けられるので、セルライトの悩みがある人は一度痩身エステで相談してみてはいかがでしょうか

永久保証!19,800円で一生通い放題!【パーフェクトライン】



まとめ

セルライトもおおもとは普通の脂肪と同じです。
適切な食事管理をベースに、生活習慣の改善をまず第一に!!
そして、少しずつでも運動(ちょっとしたこと置き換えて体を動かす!)して、
痩せやすい体質、体を温めるカラダづくり+リンパマッサージを1か月ぐらい継続してみてください。
セルライトの予防、撃退だけでなく、結果的にダイエットや肌の改善にも繋がって一石二鳥になりますよ!!

それでも改善が難しそうであればプロに相談をしましょう!!

出来てしまった肉割れ・妊娠線・セルライトが消える!?ノコアアフターケアクリームの実力をチェック!

【妊娠線・肉割れ予防(消す)クリームおすすめランキング】人気市販クリーム(オイル)32種を網羅!

タイトルとURLをコピーしました