日焼け止めの選び方と塗り方のポイント:SPFとPAとは?紫外線の種類UVAとUVBの違いは?

スキンケア
Pocket

日焼け止めの選び方と塗り方のポイント
◎まるねこママ
◎まるねこママ

こんにちは!◎まるねこママです!
日焼け対策をきちんとしないと

シミやしわの原因になってしまいます。
日焼け対策、重要ですね!
紫外線から肌を守り日焼けをしないためには、
やはり日焼け止めを使用すること。
しかし、
いざ日焼け止め商品を手に取ってみると、
日焼け止めのパッケージに書かれている「SPF」と「PA」
表示自体はよく目にするし、数値が高いほどUVカット効果が高いというのはわかりますよね。
でも「SPF」の「PA」の意味や違いは?
といわれるとよくわからないという人も多いです。
実は日焼け止めは数値の高さだけで選んでしまうと肌トラブルの原因になることもあります。
そこで今回は紫外線対策と日焼け止めの「SPF」と「PA」の違いや選び方のポイントを中心にお話します。

日焼けの原因は紫外線!

日焼けの原因は紫外線!


詳しい日焼け対策について話す前に、
まず、
日焼けがどうして起こるのかと言うのを簡単に説明しましょう。

日焼けの原因は紫外線

日焼けの原因は、
紫外線にあります。

たくさん太陽の光を浴びた浴びてないかではありません。
スキーやスノボで日焼けすることはご存知だと思いますが、
太陽の光が弱い曇りの日でも日焼けしてしまうのです。

このあたりを間違えていると、
日差しの強い夏だけしか日焼け対策をしない方もいらっしゃいますがNGです。

紫外線を一定以上浴びると日焼けしてしまうのですが、
紫外線は太陽光線の一種で、多い少ないはありますが、
晴れの日だけでなく、曇りの日でも春夏秋冬降り注いでいます。

日焼け対策!と夏が近くになると、いろいろなところで言われますが、
年間を通して常に日焼け対策をすることが重要です。

紫外線の種類と肌への影響

◎まるねこママ
◎まるねこママ

紫外線は日焼けやシミ、ソバカスの原因になるだけでなく、
最近の研究では肌の老化の原因にもなることがわかっています。
しかし、美白には興味があるけど実は紫外線の肌への影響ってよくわからないですよね。
より効果的に紫外線対策をするには紫外線の特徴をわかっていないといけません。
紫外線の種類やそれぞれの肌への影響についてお話します。

紫外線には種類がある

ふだん私たちは
紫外線のことをひとくくりに「紫外線」と呼んでいますが、
実は紫外線には種類があります。

紫外線は光の波長の長さによって、
紫外線A波(UVA)、
紫外線B波(UVB)、
紫外線C波(UVC)の3つにわかれています。

このうち、
UVCは最も波長が短く、
地球をとりまくオゾン層に吸収されてしまうので私たちがいる地表には届きません。

そのため、
私たちの肌に影響を与えるのはUVAとUVBの2種類の紫外線になります。

紫外線A波(UVA)とは?

折りたたみ日傘で毎日UVカット!遮光率100%で完全に日焼け防止を ...

地表に降り注いでいる紫外線のうち90%がUVAです。

UVAというのは紫外線の中では一番波長が長く、
その波長の長さのせいで雲や窓ガラス、レースカーテンなども通り抜けてしまいます。

つまり、
家や車の中にいてもUVAによる日焼けをしてしまうということです。

また、
UVAは1年を通して降り注ぐ量が多く秋冬のシーズンも注意が必要、
4月ごろにはすでに夏のピークと同じくらいの量になるので気をつけなければいけません。

ただ、
UVAが肌にあたっても肌に急激な変化はないので紫外線の影響を感じにくいのがUVAの特徴です。

ですが、
UVAはじっくりと長い時間をかけて確実に肌に悪影響を与えていきます。

UVAはその波長の長さから肌にあたると肌の奥にある真皮層まで到達してしまいます。

真皮にはお肌のハリや弾力をささえるコラーゲンやエラスチン、
ヒアルロン酸をつくる線維芽細胞というのがあるのですが、
UVAはこの線維芽細胞にダメージを与えてしまうんです。

そのため、
UVAを浴び続けると肌のハリや弾力がなくなってしまいシワやたるみの原因になってしまいます。

UVAを浴びたからといって、すぐに肌が黒くなるなど急激な変化はありませんが、
後々、顔の印象を大きく変える肌トラブルを起こす原因になってしまいます。


秋から冬にかけての肌のトラブルを防ぐスキンケア!乾燥・シミ・くすみ・シワ・たるみ全部注意!

GALLEIDO BEAUTY MEMBER:美顔器本体無料+美容液のサブスクのサービスと口コミ

紫外線B波(UVB)とは?

折りたたみ日傘で毎日UVカット!遮光率100%で完全に日焼け防止を ...

UVBは私たちがよく思い浮かべる屋外での日焼けの原因になる紫外線です

UVBをたくさん浴びると肌が赤くなったり、
みずぶくれができてしまったり、
いわゆるサンバーンという日焼けの原因になります。

UVBは紫外線の中ではUVAとUVCの間に位置していて、波長は短めです。

そのため、
UVBの多くはオゾン層や雲にはばまれてしまうので地表まで届くのはUVB全体の1割ほど。

また、
UVBは波長が短いので肌の奥まではとどきません。

ですが、
エネルギーが強いので肌表面の細胞にダメージを与えたり炎症を起こしたりします。

その結果、
肌の中でメラニンが作られてシミや色素沈着の原因になったり、
皮膚がんの原因になることもあります。

UVBの対策としては日傘をさしたり帽子をかぶったり、
直射日光にあたらないようにすることが大切です。

紫外線には種類がある!UVAとUVBの違いは?

夏より冬にシミができる!?その理由を徹底解説

年間を通して、いつでもどこでも紫外線対策が◎

「外に出ないから何も塗らなくていいか」と何も手を打たなければ、
知らぬ間に紫外線ダメージを進ませてしまうことになってしまいます。
「朝のスキンケアの最後はUVカット効果のある乳液や化粧下地で締める」
などと日々のルーティンにすると習慣にしやすくなります。
また、
UVカット加工が施されたカーテンや窓に貼るUV カットフィルムなどを活用するのもおすすめです。

日本人女性はもともと持っているメラニン量が多いため、
肌が黒くなりやすい傾向にあるといいます。
また、シワやたるみといった肌ダメージは見た目年齢に直結するため、
UVAダメージには特に気をつけたいもの。
だからこそ、
夏のように日差しが強くない今の時期から紫外線対策の徹底を。
家の中でも肌をしっかり守ることを忘れないようにしましょう。

日焼け止めのSPFとPAとは?

◎まるねこママ
◎まるねこママ

日焼け対策、重要ですね!
いざ日焼け止め商品を手に取ってみると、
日焼け止めのパッケージに書かれている「SPF」と「PA」
表示自体はよく目にするし、数値が高いほどUVカット効果が高いというのはわかりますよね。
でも「SPF」の「PA」の意味や違いは?
といわれるとよくわからないという人も多いです。
実は日焼け止めは数値の高さだけで選んでしまうと肌トラブルの原因になることもあります。
そこで今回は日焼け止めの「SPF」と「PA」の違いや選び方のポイントについてお話します。

SPFとは

麦わら帽子で日焼け対策|無料の写真素材はフリー素材のぱくたそ

日焼け止めのSPF
「Sun Protection Factor」の略で、
紫外線の中でもUVBの防止効果をあらわしています。

UVBというのは先ほどもお話しましたが、
肌に赤みや炎症を起こしたり真っ黒に日焼けさせたり、
シミやソバカスの原因になる紫外線のことです。


SPFは、
日焼け止めなどを何も塗らない場合の肌に比べて
UVBによる炎症をどれくらい長い時間防げるかをあらわしています。

SPFの数値は2~50で、
数値が大きいほど紫外線の防止効果が高く、

50以上のものは「50+」という表示がされます。

日焼け止めのPAとは

日焼けをした後のアフターケア☀@片野 - 千葉の美容室・ヘアサロン ...

一方、
日焼け止めのPA
「Protection Grade of UVA」の略で、
紫外線のUBAへの防止効果をあらわしています。

UVAは紫外線の中でも波長が長く、
肌の奥にある真皮層まで到達してしまいます。

そのため、
肌のハリや弾力を保つための
コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを生成する細胞にダメージを与え、
シワやたるみをつくる原因になってしまいます。


PAは
「PA+」から「PA++++」の4段階で表示されて
「+」の数が多いほど紫外線を防止する効果が高いです。

日焼け止めの選び方のポイント

日焼けの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

日焼け止めを選ぶ時は
つい紫外線防止効果の数値が高いものを選びがちですよね。

たしかに数値が高い日焼け止めは紫外線のカット力は高いです。

しかし、
効果の高い日焼け止めは人によっては肌トラブルを起こすこともあるので注意が必要です。

紫外線防止効果の数値が高い日焼け止めは肌への負担が大きいので、
乾燥肌を進めてしまったり、
敏感肌だと肌荒れを起こしてしまうことがあります。


そこで、
日焼け止め選びで大事になるのが
「どこで、どのくらいの時間紫外線を浴びるのか」ということです。

街中での紫外線対策【日焼け止めの選び方のポイント】

通勤や近所への買い物、
洗濯を干すなど紫外線にあたるのが街中で時間も短いのであれば
紫外線防止効果の低い日焼け止めでも十分対策できます。


屋内で過ごす時に窓を透過するUVAが心配という時もPAは低いもので大丈夫です。

肌への刺激が少ない日焼け止めを選びこまめに塗りなおすのがポイントです。

レジャーでの紫外線対策【日焼け止めの選び方のポイント】

一方、
海や山などレジャーでの紫外線対策では紫外線防止効果の高い日焼け止めを選ぶようにします。

こういった屋外のレジャーでは直射日光や照り返しの紫外線を浴びる時間が長いです。

1日中、
紫外線を浴びて過ごしているとUVBによって
肌が真っ赤になったり水ぶくれができたりしてしまいます。

そこで、
レジャーの時はSPFの数値が高い日焼け止めでしっかりとケアすることが大切です

ただ、
紫外線防止効果の数値が高い日焼け止めでも汗をかいたり水でぬれたり、
タオルで肌をふいたりすると日焼け止めが落ちていき効果が薄れていきます。

そのため、
日焼け止めの数値が高くても2時間に1回は塗りなおすようにするのがポイントです



UVカット乳液とは?メリットとデメリット

日焼け止めの効果的な塗り方

日焼け止めの効果的な塗り方とは?

日焼け止めを塗るタイミング

日焼け止めは外出前に塗るという人が多いと思いますが、
日焼け止めは塗るタイミングによっては紫外線をカットする効果が弱まってしまうことがあります。
あなたはいつ日焼け止めを塗っていますか?

実は、
日焼け止めは塗ってから肌になじむまでに15分ほどかかるといわれています。
焼け止めの中には日焼け止め効果を発揮するまでに30分ほどかかるものもあるくらいです。

つまり、
日焼け止めを塗ると日焼け止めが肌に馴染んだり効果を発揮し始めるまでに、
そこから15~30分ほどかかるので、
出かけるギリギリに日焼け止めを塗るとその間に日焼けしてしまうことがあるということです。

そのため、
日焼け止めは外出の30分前には塗っておいたほうが安心です。

日焼け止めの上手な塗り方

日焼け止めの写真

日焼け止めはきちんと塗らないと塗りムラができてしまい、
日焼け止めが伸びていないところが日焼けしてしまうことがあります。

顔への日焼け止めの塗り方としては
日焼け止めを少量ずつ指にとって、
両頬、おでこ、鼻の頭、あごの5ヶ所に点おきし、指で顔全体に広げるというのが一般的です。

ただ、
これだと日焼け止めを伸ばしきれなかったところに塗りムラができてしまうことがあります。

そこで、
日焼け止めを手のひらにとって両手でクリームのように軽く伸ばし、
その手で顔全体になじませるほうが塗りムラを防ぐことができます。

その後、
日焼けしやすいTゾーンや頬の高い部分などにさらに日焼け止めを重ねて塗るとより効果的です。

UVカット乳液とは?メリットとデメリット

日焼け止めとメイクの順番はどっちが先?

日焼け止めとメイクはどっちが先?順番は?

メイクをする際、
どの順番で日焼け止めを塗ればより効果的なのか迷うことがありますよね。

また、
最近は乳液や化粧下地を兼ねた日焼け止めも多いので、
メイクの時に日焼け止めを塗る場合、塗る順番に悩むこともあります。

まず、
日焼け止めの効果を最大限に発揮させるには
SPFなど日焼け止め効果の数値が高いものから肌にのせます。


UVカット効果の高いものを肌に近いところに塗ることで
紫外線から肌をしっかり守ることができるからです。

次に、メイクをきれいに仕上げるという点から考えると色味のない無色のものを先に塗り、
その後に色補正のできるアイテムを重ねるのが基本です。


化粧下地と日焼け止めの順番で迷った場合は日焼け止めを先に塗り、
その上に化粧下地を塗った方がメイクがきれいに仕上がります。


これは日焼け止めより化粧下地の上にファンデーションを重ねる方が相性が良く、
ファンデーションがしっかりと密着するためです。

【サラフェプラスの口コミ】顔汗知らずのSaLafeの使い方は?定期購入がお得?

一度ではなくこまめな塗りなおし

炎天下のビーチで日焼け止めを塗る女の子のフリー画像

日焼け止めは朝一度塗って終わり、
という人も多いかもしれませんが、
きちんと紫外線対策をしたいのであればこまめな塗りなおしが必要です。

どの日焼け止めでもだいたい2~3時間ごとに一度塗りなおすのが目安。

特に屋外でのレジャーなど汗をかいたり水に濡れる機会がある時は、
日焼け止めが落ちやすいので紫外線を防止する効果を持続させるためにも塗り直しが必須です。

中には何度も日焼け止めを重ねぬりすると肌に悪いのでは?
と思う人もいるかもしれません。

ですが、実際は日焼け止めを重ね塗りするダメージよりも、
日焼け止めが落ちて肌が日焼けしてしまう方が肌へのダメージが大きいです。


日焼け止めを顔に塗り直す時は
汗や皮脂の上から日焼け止めを重ねるとメイクがよれる原因になってしまいます。

そのため、
ティッシュなどで軽くおさえて余計な油分をオフしてから日焼け止めを塗るのがポイントです。

日焼け止めの顔への効果的な塗り方!4つのポイント

【まとめ】日焼け止めの選び方のポイントSPFとPAとは?

日に焼けない白い肌に憧れる人や、
健康的に日焼けした小麦色の肌になりたい人、
どちらでもスキンケアは重要です。

太陽の光に含まれている紫外線は、
皮膚に負担を与えることが多いために、
きちんとケアをして、お肌をいたわってあげることが大事になります。

強い紫外線に長時間さらされていると、
皮膚は炎症を起こしたり、しわやたるみが目立つようになることがあります。


日焼けをすると真っ黒になる人と、
真っ赤になった後に白くなる人とがいます。

紫外線の影響で皮膚が炎症を起こすと、
肌は赤くなり、数日後に赤みが引きます。
紫外線を浴びるとお肌が赤くなるという場合は、
紫外線がもたらす肌の光老化が起きやすい肌タイプです。

皮膚が直接紫外線を浴びないように行動することで、
肌の炎症対策や、老化に対する予防になります。

お肌が紫外線を受けすぎないようにするには、
日焼け止めクリームをしっかり塗ることです。

日焼け止めの効果はSPFという指標で表されていますが、
SPFの高いクリームを使えばいいとは限りません。

お肌への負荷を考えると、
SPFが高いクリームのほうが程度が大きいので、気をつけてください。
SPFが高めの日焼け止めクリームを使っていると、
肌トラブルが起きやすくなったり、肌の乾燥が進んでしまうことがあります。

スキンケアを行う上で大事名ことは、
日焼け止クリームなどのスキンケア用品は肌に合うものを選ぶことです。

日焼け止めはつい数値の高さで選びがちですが、
使うシーンにあわせてしっかりと使い分けるのがポイントです。

また、SPFとPAの違いを理解するのも大切。

用途にあわせて日焼け止めを選ぶことで肌に負担をかけずに紫外線対策をすることができます。

最強の潤い白肌レシピ《ビューティザバイブルシーズン1》

日焼けのアフターケア!簡単にできる3つのポイント

妊娠線予防クリームランキング

肉割れ NIPT東京

タイトルとURLをコピーしました