【日焼け止めの選び方のポイント】SPFとPAとは?

スキンケア

日焼け止めで書いたUV☀のフリー画像|おしゃれなフリー写真素材 ...

だんだん日差しが強くなる季節、注意しなければならないのは、日焼け対策をきちんとしないと、シミやしわの原因になることです。
日焼けをしないためには、どんな対策をすればよいのでしょうか。
詳しい日焼け対策について話す前に、日焼けがどうして起こるのかと言うのを簡単に説明しましょう。
何が日焼けの原因かというと、たくさん太陽の光を浴びたせいだと思ってしまいます。
しかし日焼けには、実際のところ太陽の光というのは、関係がないといいます。
曇りの日や日の光が弱い冬でも、スキーやスノボで日焼けすることは誰もが知っていることです。
日焼けの原因が紫外線というものだから、太陽の光が弱い曇りの日でも日焼けしてしまうのです。
紫外線をたくさん浴びると日焼けするのですが、紫外線は太陽光線の一種で、晴れの日だけでなく、曇りの日でも降り注いでいるといいます。
皮膚は過度に日焼けすると乾燥しやすくなりますので、肌にとって日焼けは良くないのです。
日焼けが促進するのが肌の老化で、シミやシワなどになる可能性が結果として高くなるといえます。肌にとって日焼けは避けておきたいものであり、皮膚がんといった深刻な問題を引き起こす原因となる場合もあるので注意が必要です。
日焼け対策と夏近くになると、いろいろなことろで言われます。
年間を通して常に日焼け対策をすることが重要です。
そして、

◎まるねこママ
◎まるねこママ

こんにちは!◎まるねこママです!
日焼け対策、重要ですね!いざ日焼け止め商品を手に取ってみると、
日焼け止めのパッケージに書かれている「SPF」と「PA」
表示自体はよく目にするし、数値が高いほどUVカット効果が高いというのはわかりますよね。
でも「SPF」の「PA」の意味や違いは?
といわれるとよくわからないという人も多いです。
実は日焼け止めは数値の高さだけで選んでしまうと肌トラブルの原因になることもあります。
そこで今回は日焼け止めの「SPF」と「PA」の違いや選び方のポイントについてお話します。

【日焼け止めのSPFとは】

麦わら帽子で日焼け対策|無料の写真素材はフリー素材のぱくたそ

日焼け止めのSPFは「Sun Protection Factor」の略で、紫外線の中でもUVBの防止効果をあらわしています。

UVBというのは肌に赤みや炎症を起こしたり真っ黒に日焼けさせたり、シミやソバカスの原因になる紫外線のことです。

SPFは、日焼け止めなどを何も塗らない場合の肌に比べてUVBによる炎症をどれくらい長い時間防げるか、をあらわしています。

SPFの数値は2~50で数値が大きいほど紫外線の防止効果が高く、50以上のものは「50+」という表示がされます。

【日焼け止めのPAとは】

日焼けをした後のアフターケア☀@片野 - 千葉の美容室・ヘアサロン ...

一方、日焼け止めのPAは「Protection Grade of UVA」の略で、紫外線のUBAへの防止効果をあらわしています。

UVAは紫外線の中でも波長が長く、肌の奥にある真皮層まで到達してしまいます。

そのため、肌のハリや弾力を保つためのコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを生成する細胞にダメージを与えシワやたるみをつくる原因になってしまいます。

PAは「PA+」から「PA++++」の4段階で表示されて「+」の数が多いほど紫外線を防止する効果が高いです。

【日焼け止めの選び方のポイント】

日焼けの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

日焼け止めを選ぶ時はつい紫外線防止効果の数値が高いものを選びがちですよね。

たしかに数値が高い日焼け止めは紫外線のカット力は高いです。

しかし、
効果の高い日焼け止めは人によっては肌トラブルを起こすこともあるので注意が必要です。

紫外線防止効果の数値が高い日焼け止めは肌への負担が大きいので、乾燥肌を進めてしまったり、
敏感肌だと肌荒れを起こしてしまうことがあります。


そこで日焼け止め選びで大事になるのが「どこで、どのくらいの時間紫外線を浴びるのか」ということです。

●街中での紫外線対策

通勤や近所への買い物、洗濯を干すなど紫外線にあたるのが街中で時間も短いのであれば紫外線防止効果の低い日焼け止めでも十分対策できます。

屋内で過ごす時に窓を透過するUVAが心配という時もPAは低いもので大丈夫です。

肌への刺激が少ない日焼け止めを選びこまめに塗りなおすのがポイントです。

●レジャーでの紫外線対策

一方、海や山などレジャーでの紫外線対策では紫外線防止効果の高い日焼け止めを選ぶようにします。

こういった屋外のレジャーでは直射日光や照り返しの紫外線を浴びる時間が長いです。

1日中、紫外線を浴びて過ごしているとUVBによって肌が真っ赤になったり水ぶくれができたりしてしまいます。

そこでレジャーの時はSPFの数値が高い日焼け止めでしっかりとケアすることが大切です。

ただ、紫外線防止効果の数値が高い日焼け止めでも汗をかいたり水でぬれたり、タオルで肌をふいたりすると日焼け止めが落ちていき効果が薄れていきます。

そのため、日焼け止めの数値が高くても2時間に1回は塗りなおすようにするのがポイントです。

【まとめ】

日に焼けない白い肌に憧れる人や、健康的に日焼けした小麦色の肌になりたい人、どちらでもスキンケアは重要です。

太陽の光に含まれている紫外線は、皮膚に負担を与えることが多いために、きちんとケアをして、お肌をいたわってあげることが大事になります。

強い紫外線に長時間さらされていると、皮膚は炎症を起こしたり、しわやたるみが目立つようになることがあります。

日焼けをすると真っ黒になる人と、真っ赤になった後に白くなる人とがいます。
紫外線の影響で皮膚が炎症を起こすと、肌は赤くなり、数日後に赤みが引きます。
紫外線を浴びるとお肌が赤くなるという場合は、紫外線がもたらす肌の光老化が起きやすい肌タイプです。
皮膚が直接紫外線を浴びないように行動することで、肌の炎症対策や、老化に対する予防になります。

お肌が紫外線を受けすぎないようにするには、日焼け止めクリームをしっかり塗ることです。

日焼け止めの効果はSPFという指標で表されていますが、SPFの高いクリームを使えばいいとは限りません。

お肌への負荷を考えると、SPFが高いクリームのほうが程度が大きいので、気をつけてください。
SPFが高めの日焼け止めクリームを使っていると、肌トラブルが起きやすくなったり、肌の乾燥が進んでしまうことがあります。
スキンケアを行う上で大事名ことは、日焼け止クリームなどのスキンケア用品は肌に合うものを選ぶことです。

日焼け止めはつい数値の高さで選びがちですが、
使うシーンにあわせてしっかりと使い分けるのがポイントです。

また、SPFとPAの違いを理解するのも大切。

用途にあわせて日焼け止めを選ぶことで肌に負担をかけずに紫外線対策をすることができます。

【ピーリングとは?】ピーリングの効果やスクラブとの違いを解説!
◎まるねこママこんにちは!◎まるねこママです!ピーリングという言葉は美容雑誌やスキンケアアイテムでもよく見かけますよね。「透明感のある肌をつくるならピーリングは欠かせない」なんて言われ、今ではピーリングはとても人気のある...
[ノコアの口コミ]出来てしまった妊娠線・肉割れを消すという効果を消えた消えないの皆さんの評判を踏まえながら徹底チェック!正中線やセルライトお尻の黒ずみといった肌トラブルを癒すNOCORの「あとケア」とは?
今回は、消えないと云われる妊娠線(肉割れ)を消す「ノコア」のご紹介です!!累計販売50万本突破のその実力とは・・・!?その効果の根拠と、実際の皆さんの肉割れが消えたという口コミ、評判、使用感・効果を徹底分析していきます。私は、首のゴワゴワ...
【妊娠線・肉割れ予防(消す)クリーム&オイルおすすめランキング】通販・市販の人気、安いクリーム(オイル)33種を網羅!イチオシはコレ!【2020最新版】
【妊娠線・肉割れ予防クリームランキング】 妊婦さんの半数以上にできるとされる妊娠線、そして、その6~7割の妊婦さんは妊娠線が残ってしまうといわれています。更に、一度出来てしまうと、なかなか消す事もできません。「できる限りの...

タイトルとURLをコピーしました