UVカット乳液とは?メリットとデメリット

スキンケア
Pocket

折りたたみ日傘で毎日UVカット!遮光率100%で完全に日焼け防止を ...
◎まるねこママ
◎まるねこママ

こんにちは!◎まるねこママです!
女性にとってきれいな肌を保つために紫外線対策は欠かせません。
でも、肌にいろいろと塗るのは刺激が気になる、あれこれ塗るのが面倒、本格的な夏がくるまでは日焼け止めは塗りたくない、と感じることもありますよね。
そんな時におすすめなのが紫外線対策ができるUVカット効果のある乳液です。
そこで今回はUVカット乳液のメリットやデメリットについてお話します。

UVカット乳液とは?

UVカットアイコンイラスト - No: 1105573/無料イラストなら「イラストAC」

UVカット乳液というのは初めての人にはちょっと不思議なアイテムに聞こえるかもしれませんね。

UVカット乳液はその名のとおり紫外線を防いでくれる乳液のことです。
まんまですね!(笑)

UVカット乳液1つで、
乳液の保湿効果がありながら紫外線も防いでくれるという優れた効果を発揮してくれます。

そのため、
夏に使う刺激の強い日焼け止めだと肌の乾燥や荒れが気になるという人でも使いやすいのがUVカット乳液の特徴です。



紫外線には種類がある!UVAとUVBの違いは?

UVカット乳液のメリット

車の紫外線対策!日焼けしないためのUVカットおすすめグッズ8選 ...

時短でメイクができる【UVカット乳液のメリット】

UVカット乳液は1つで乳液と日焼け止めの二役をになっているので、
それぞれ別々に塗る手間が省けます。

また、
乳液を塗って乾かして、
日焼け止めを塗って乾かして、
という時間を1つにまとめられるので朝の忙しい時には時間短縮なるのも嬉しいところです。

肌に比較的優しい【UVカット乳液のメリット】

UVカット乳液はスキンケアを兼ねているので、
他の日焼け止めアイテムに比べると肌への刺激が少なめです。

乾燥肌や敏感肌の人は日焼け止めを塗ると肌が余計に乾燥したり荒れたりしてしまう人もいますが、
そういった人でもUVカット乳液は使いやすいです。

塗りやすい【UVカット乳液のメリット】

UVカット乳液は少し硬めのクリームのようなとろみのあるテクスチャーで伸びが良いです。

そのためムラができにくく肌に塗りやすいです。

日焼け止めの顔への効果的な塗り方!4つのポイント

UVカット乳液のデメリット

紫外線対策はどうする?カットの方法は? | フランス散歩

白浮きすることがある【UVカット乳液のデリット】

UVカット乳液の中には塗ることで肌が白っぽくなるものがあります。

肌の色をワントーン明るくしてくれるともいえますが、塗りすぎると顔だけ白浮きしてしまいます。

自分の肌の色にあわせたり、使う量を調節するのがポイントです。

べたつくことがある【UVカット乳液のデリット】

UVカット乳液は乳液の効果も兼ねているので保湿力があり肌の潤いを保ってくれます。

その分、油分が多いので肌に塗るとベタつきが気になったり、ニキビができやすくなることもあります。

クレンジングが必要【UVカット乳液のデリット】

UVカット乳液には日焼け止め成分が入っているのできちんと落とす必要があります。

UVカット乳液は朝のスキンケアで使うので夜メイクを落とす時に一緒に落とせます。

休日などUVカット乳液を塗ってすっぴんで過ごす日はメイクをしていなくてもクレンジングをしたほうがいいです。



クレンジングウォーターとは?選び方や使い方のコツ

【まとめ】UVカット乳液の特徴・メリット・デメリット

子供のための日焼け止め選び。大人も使える日焼け止め3選も紹介。

UVカット乳液は1つで乳液と日焼け止めの効果を発揮してくれる優れものです

スキンケアの時短になり、
肌への刺激も少なめで使いやすいのが嬉しいところ。

一方、
油分が多めだったりクレンジングが必要だったり気をつけることもあります

【日焼け止めの選び方のポイント】SPFとPAとは?

日焼けのアフターケア!簡単にできる3つのポイント

肉割れを消す方法
妊娠線予防クリームランキング

タイトルとURLをコピーしました