セルライトは冬に増える!?ホットクリームのマッサージで デコボコを撃退!

スキンケア

寒くなると動くのがつらいですよね。

日ごろから運動していると胸を張って言える女性は少ないのではないでしょうか?



そんな季節のお悩みと言えば「セルライト」!

お尻や太腿に力を入れると見えてくるお肌のデコボコは、見られるとちょっと恥ずかしいですよね。



冬になるとセルライトが増えると聞いたことがあると思いますが、体温とセルライトには深い関係があるのです。

今回はいやなセルライトを撃退するためのポイントをご一緒に見ていきましょう。

セルライトの正体とは?

「紹介 イラスト フリー」の画像検索結果


セルライトの元になるのは脂肪です。

食べたものは本来はエネルギーとして燃えてなくなりますが、
使いきれずに体に残ってしまうと脂肪として蓄えられます。



いずれ食べ物がなくなった時に、
燃料として体の熱やエネルギーを作り出すためにせっせとため込んでいる脂肪ですが、
飽食の今の時代にはため込むばかりで使う機会はなかなかありませんね。



脂肪は温度が高いと緩やかに溶けますが、
温度が低い時には冷えて固まるという性質があります。

この性質にしたがって、
私たちの体温が低い時には脂肪が体の中で冷えて固まってしまうのです。



この冷えて固まった脂肪組織が、セルライトの正体です。

皮膚に覆われて普段は見えにくいですが、
お尻や太腿にグッと力を入れるとデコボコと見えるもの、これがセルライトなのです。

セルライトは下半身にできやすい?

下半身集中ケア!(2020年05月17日 12時59分) Symmetry 銀座店ブログ ...

私たちの体は、自分では気づかない程度ですが、
上半身と下半身とで体温が違います。

上半身が高く、下半身は低くなりますが、
体表面での差はなんと5~6度にもなるのです。


なぜなら上半身には生命活動に大切な内臓が集まっているからです。

特に心臓は血液を送り出すために常に活動をしているので、一日中休まず熱を作りだします。

また食事をすると汗をかきますが、これは消化器官が活動をしているためです。



しかし、こうした器官が下半身にはありません。

日ごろから運動をしている方は熱を作ることができますが、
デスクワークが中心という方は足を動かす機会が少ないために、
下半身に熱を作り出すことができず、冷えてしまうようです。


のため太腿やお尻などの下半身にはセルライトができやすいのです。

セルライトをなくすには??

セルライトができるポイントは温度でしたね。

固まった脂肪を燃焼するためには、
何よりも温度を上げていくことが大切です。



内臓などの器官がない下半身で熱を作り出すもの、それは筋肉です。

筋肉は伸びたり縮んだりすることができますので、この時に熱を作り出すことができるのです。



冬の寒い日に半袖で歩いている外国の方を見かけることがありませんか?

彼らはしっかりと鍛えて筋肉をつけているので、
常に熱を作り出すことができるため、冬でも寒くないと言われています。



つまり女性の私たちも、脚やお尻などの筋肉を鍛えることで、熱を作り出すことができるのです。

しかし、
実際には筋肉をつけるには時間もかかりますし、毎日筋トレを続けるには根気もいりますよね。



そこで取り組みやすい方法はマッサージです。

マッサージすることでセルライトのある部分の温度を上げて、燃焼しやすくしてあげましょう。



また固まった脂肪組織は簡単には溶かすことができません。

大きな塊を小さくほぐしておくことが、
きれいに燃焼するためのポイントになります。



固まった脂肪を小さくほぐしてリンパへ流すという手順を踏むと、効率よくセルライトを撃退することができます。

ホットクリームがおすすめ

妊娠線クリームイラスト

寒い季節、私たちの体温はどうしても低くなってしまいます。

マッサージの時にも体が寒くなっては逆効果です。



そこでおすすめなのは温感効果のあるホットクリームを使用したマッサージです。

ホットクリームは肌につけるとホカホカと感じる成分が配合されているクリームのことで、
「ダイエットクリーム」「痩身クリーム」と言った名前で販売されています。



中でも温感を感じる成分というのはいくつかありますので、購入前に内容成分を確認することをおすすめします。



・ショウガオール

・トウガラシエキス



特に多くのダイエットクリームに配合されているのはこちらの成分です。

実際に「つけると肌がホカホカする」と感じる女性の声が多くあります。



肌の表面につけたクリームも、成分は内側に浸透しますので、
「夜にマッサージをすると寝るときにも温かく感じる」という声もありました。

足元の冷えを感じる女性にもおすすめです。

ローラーで効率よくほぐす

美顔ローラーのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

マッサージをしようとする時、セルライトをほぐすのは女性の力では大変です。

エステティシャンなどのプロの力でも時間のかかるセルライトほぐしを、
素人の私たちが根気よくできるでしょうか?



この大変なセルライトほぐしを助けてくれるのが、ホットクリームの温感成分になります。

たとえプロの技がなくても、温感成分でほぐしたい部分の温度を上げてくれるので、
少しの力でもセルライトに働きかけることが可能なのです。



それでも頑固なセルライトがある時には、ホットクリームの他にローラーなどの道具も駆使しましょう。

ローラーがあると、女性の弱い力を補ってくれます。



大きな塊になっているセルライトをほぐしていると、腕が痛くなるので続けることが面倒になりますよね。

しかし、
この力の部分をローラーが補ってくれるので、
女性の力でもスムーズにほぐすことができますし、腕も痛くないので毎日続けることができます。



ローラーは様々な種類がありますが、
脂肪をしっかりとつかんでほぐしてくれる大きめの物がおすすめです。

ローラーが4~8個とたくさんついている物は、
よりしっかりとほぐすことができますが、肉を挟まないように注意したいですね。



筋肉への電気刺激のあるものもありますが、
慣れないうちは刺激が強すぎるという声もあります。

弱い刺激から強い刺激へと、
段階を踏んで調節できるタイプを選ぶと安心ですね。



セルライトは寒い季節には毎日のように蓄積されてしまいます。

マッサージも毎日続けることで、セルライトをため込まない体質作りに役立ちますよ。

出来てしまった肌トラブルにはノコアがおすすめ!!

[ノコアの口コミ]出来てしまった妊娠線・肉割れを消すという効果を消えた消えないの皆さんの評判を踏まえながら徹底チェック!正中線やセルライトお尻の黒ずみといった肌トラブルを癒すNOCORの「あとケア」とは?
今回は、消えないと云われる妊娠線(肉割れ)を消す「ノコア」のご紹介です!!累計販売50万本突破のその実力とは・・・!?その効果の根拠と、実際の皆さんの肉割れが消えたという口コミ、評判、使用感・効果を徹底分析していきます。私は、首のゴワゴワ...

セルライト撃退セルフマッサージ

ふくらはぎや太ももにできてしまった、
気になる「ボコボコ」セルライト。
ノコアのオイルで手軽にできるセルフマッサージを、毎日の習慣にしてみませんか?

HOW TO USE
Point マッサージを始める前に マッサージは末端から心臓に向かって行うのが基本! まずは足裏をほぐすことで全身のめぐりを促してあげましょう。

足裏のオイルマッサージ

全身のめぐりUPのカギは、足裏をほぐすこと。
その後のマッサージを効果的に行うためにも大切な、基本のマッサージです。

セルライト撃退!足裏のオイルマッサージ

ふくらはぎのオイルマッサージ

むくみが気になりやすいふくらはぎ。第二の心臓とも呼ばれるほど、
めぐりUPには重要です。やさしく丁寧にほぐしていきましょう。

セルライト撃退!ふくらはぎのオイルマッサージ

太もものオイルマッサージ

セルライトが気になりやすい太ももは、
手で温めてあげるイメージでマッサージしていきます。
見落としがちなもも裏までしっかりと。

セルライト撃退!太もものオイルマッサージ

[ノコアの口コミ]出来てしまった妊娠線・肉割れを消すという効果を消えた消えないの皆さんの評判を踏まえながら徹底チェック!正中線やセルライトお尻の黒ずみといった肌トラブルを癒すNOCORの「あとケア」とは?
今回は、消えないと云われる妊娠線(肉割れ)を消す「ノコア」のご紹介です!!累計販売50万本突破のその実力とは・・・!?その効果の根拠と、実際の皆さんの肉割れが消えたという口コミ、評判、使用感・効果を徹底分析していきます。私は、首のゴワゴワ...

セルライト撃退のまとめ

冬は洋服を着こむからセルライトに気づきにくいですよね。

しかし洋服の下では着々と脂肪が固まってきています。



デスクワークで足を動かさないとますますセルライトができてしまうので、早めの対策が必要ですね。



毎日のマッサージもホカホカするホットクリームと一緒なら、楽しく続けることができそうですね。

女性の力でも効率よくできるポイントを取り入れて、セルライトを溜め込まないようにしましょう。

【妊娠線・肉割れ予防(消す)クリームおすすめランキング】人気市販クリーム(オイル)32種を網羅!イチオシはコレ!!(セルライトや正中線も)【2020最新版】
【妊娠線・肉割れ予防クリームランキング】 妊婦さんの半数以上にできるとされる妊娠線、そして、その6~7割の妊婦さんは妊娠線が残ってしまうといわれています。更に、一度出来てしまうと、なかなか消す事もできません。「できる限りの...
タイトルとURLをコピーしました