水を飲むススメと習慣化のメリット

グラスにお水をドボドボ- フリー素材 ぱくたそ

私たち人間の体は大部分(6割以上)が水分でできていると言われています。
その水分が不足してしまえば、体調も崩れやすく、色々と影響が出てしまいます。
今回はこまめな水分補給で得られるメリットや、タイミングの話をしていきます。

スポンサーリンク

【1、水を飲んだら太る?それとも痩せる?】

水の断面と注がれる水- フリー素材 ぱくたそ

「水を飲むと太る」という話を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。
あるいは、水をたくさん飲んだ後顔がむくんでたという経験をお持ちの方もいるかと思います。

健康のためにはこまめな水分補給が大切であることは今や常識ですが、その一方で太る、むくむなどと言われるのはなぜなのでしょう。

結論からいうと、「水を飲むと太る」というのは嘘です。巷でよく言われる「水太り」というのは体がむくんでいる状態を言います。

体がむくむのは、そもそもとして体が慢性的な水不足になってしまっており、血液の循環が悪く体が弱っている状態である結果として起こる症状なのです。
そうした新陳代謝が不活発な体の状態では汗もあまりかかず、尿を出す回数も減ってしまっており、つまりは体内の水分や老廃物を体外に排出しにくい状態が出来上がってしまっているのです。

そんな状態であるにも関わらず、一時的に多量の水分を補給してしまうと当然のことながら、
その摂取した水分を体外に排出することが難しく、老廃物とともに体内にとどまってしまいます。
それが体がむくむ正体なのです。

また、水はほぼ0カロリーなので、摂取した水分のうち必要分が体に吸収されてもそれで太るということはまずありません。
一方不要な水分に関しては代謝機能が正常でありさえすれば全て体外に排出されますので安心してください。
「水太り(むくみ)」をおこさないためには、日頃からこまめな水分補給をして体の新陳代謝が活発な状態にしておくことが大切です。

【2、1度に飲みすぎは禁物】

水面の波(断面) | ぱくたそ-フリー素材 | Water photography, Water ...

健康のためにはこまめな水分補給が大切なのはお伝えしました。

目的がダイエットの場合にも重要となります。
ではこまめな水分補給とは一体どのくらいの頻度・水量になってくるのでしょうか。

人によって日中の活動量が違いますので一概には言えませんが、水分補給は食事による水分摂取を除いて、大体1日700mL~1500mL程度を1日数回に分けて適度に摂取するのがおすすめです。

ただ、1度に飲み過ぎは禁物です。

いくら健康に良い、ダイエットのためと言っても1度にお腹が苦しくなるくらい飲み過ぎてしまうと体のリズムを崩してむくみにつながります。

それを排出するために余計なエネルギーを消費することにもなってしまいます。
1度に飲む水は100~200mL程度に抑えておくと良いでしょう。

【3、水を飲むと良いタイミング】

フリーイラスト素材] イラスト, 水, 水しぶき, 水の王冠, EPS ID ...

①朝の起床時

朝起きて飲むコップ1杯の水を「寝起きの水」と昔からいいます。起床時に飲む水は睡眠中に失った水分の補給と胃腸を活性化させることに一役買ってくれます。それによって健康はもちろん美容にも効果的です。ただ1点注意していただきたいのは、冷蔵庫などに入った冷たい水で朝一の水分補給をしてしまうと胃腸がびっくりしてしまい負担がかかってしまいます。水分補給は基本的に常温の水がおすすめですが、朝一の水分補給は特に冷水は控えて常温水での補給にしておきましょう。



②夜の就寝前

夜の就寝前に飲むコップ1杯の水は「宝水」と呼ばれており、まさに宝と呼べるほどに健康面でとても有意な効果を持っています。人は睡眠中にたくさんの汗をかくことで、朝には口の中がカラカラ、血液はドロドロの状態で起床します。また、人が心筋梗塞や脳卒中を最もよく起こしている時間帯は深夜から早朝だというデータがあります。これは睡眠中に多量の水分が失われてしまうことで血液の濃度が高くなり、血管が詰まりやすい状態になってしまっていることが原因です。そうした状態にならないよう、夜の就寝前にコップ1杯程度の水分補給を行うことがおすすめです。そうすることで、翌朝爽快な目覚めを迎えることにもつながります。ただこれにも1点だけ注意点があります。睡眠中は体内の臓器が休息に入り、腎臓の機能も低下しますので、就寝前とは言っても横になる直前の水分補給は控えましょう。宝水は就寝10分以上前に水100~200mL程度を飲むのがおすすめです。



③1日(起床~就寝まで)の間で食後を除く1~2時間置き

朝の起床時と夜の就寝前の水分補給は健康面でとても有意なものだということはお伝えしました。特に夜の就寝前に飲む水は時にとても重要なものとなり得ます。そして残るはそれ以外の水分補給すべきタイミングが残りますね。日常ではこまめな水分補給が大切なわけですが、ただ単にガブガブ飲み過ぎると逆に良くありません。日中は1~2時間置きのタイミングで適量(100~200mL)を飲むのがおすすめです。ただこれにも一点だけ注意しておきたいポイントがあります。それは食事直後の水分補給だけは控えておいたほうが良いということです。食後は食べたものを消化するために胃酸が多量に分泌されます。ところがそんな時に多量の水分摂取をしてしまうと、せっかくの胃酸が極度に薄まってしまって消化機能の低下を招いてしまう場合があるからです。ゆえに朝昼晩全てに言えることですが、いずれも食後に関しては水分補給は口の中を潤す程度にとどめておくのがおすすめです。早くとも食後1時間以内の水分補給はなるべく控えましょう。

【4、ウォーターサーバーで水を飲む習慣がつく】

フリー写真] コップに注ぐ水 - パブリックドメインQ:著作権フリー画像 ...

これまで夜の就寝前と朝の起床時の水分補給の重要さ、そして日中はこまめに水分補給をすることが大切だとお伝えしてきました。しかし、なかなか慣れないうちはこまめに水分補給をする習慣をつけることは難しかったりします。水分補給をするべきタイミングのたびに台所などに足を運んでコップを出してペットボトルから水を注いで飲むというのはかなり面倒ですよね。それを日常で何度もする、しかも毎日となるともう筆者であれば個人的にも嫌になってしまいます。



そんな時に注目していただきたいのが、近年一般家庭用にも急速に普及してきたウォーターサーバーの存在です。契約する業者によって多少サービス内容は違ってくる場合がありますが、ウォーターサーバーを自宅に置くと基本的にはお水が定期的に宅配されることで重たい水ボトルを買い帰る必要がなくなってとても便利になります。しかし、ウォーターサーバーのメリットとはそうした労力が減るのみではありません。最大のメリットは何といっても、日常で水を飲む習慣が自然と身に付くということです。これは多くの人が考える以上に大きなメリットであると筆者個人的には思います。



何せ水分補給のために台所などに足を運ぶ必要もペットボトル等を出してくる必要もなくなるのですからね。自宅でよくいる場所‥例えばリビングなどにウォーターサーバーを設置しておくことで、その部屋から一歩も出ることなく、サーバーのボタン1つ押すだけで手持ちのコップに水が注がれて即時の水分補給が可能となるのです。これほど手軽に水分補給ができる仕組みが手に入るのは健康面でこの上ないメリットではないでしょうか。日々の面倒を1つでも減らしたい方はぜひ日常のこまめな水分補給のためにウォーターサーバーの利用を検討されてみてください。

ママ&赤ちゃんにおすすめウォーターサーバーランキング「フレシャスの良い口コミ・悪い口コミ」

東京NIPT

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。