マタニティプラネタリウムでリラックスしてみては!?【マタニティイベント】

スポンサーリンク

マタニティプラネタリウムとは?

マタニティプラネタリウムってご存知ですか??

マタニティプラネタリウムは名前の通り、
妊婦さんや、そのパートナーを対象にプラネタリウムを使用して、
リラクゼーションや出産後の情報提供などを主旨として行われているプログラムです。

マタニティプラネタリウムが、徐々に知られたのは、
2004年にNHKで長野県佐久市の取り組みが放映されたことがきっかけのようです。
長野県佐久市では、助産師会が中心となって、
妊婦のリラクゼーションを目的に、星の誕生の話やお腹の赤ちゃんの話、星空観賞を中心にプログラムを構成して実施。

その後、マタニティプラネタリウムは、各地で取り組まれるようになり、
様々な内容で実施されています。

これまで行われてきたマタニティプラネタリウム

マタニティプラネタリウムのパイオニア:長野県佐久間市

お腹の赤ちゃんとともに、満天の星を眺めてリラックス。
助産師さんから、ママ・パパへ向けての出産へのアドバイス。
赤ちゃんとの接し方や心構えをはじめ、「健康・悩み相談コーナー」もあります。

<<佐久市子ども未来館>>
http://kodomomiraikan.jp/index.php
で告知があり、
「マタニティプラネタリウム」としては、
2018年、2019年と、6月の最終土曜日に行われています。
2020年も6月でしょうか?

プラネタリウム特別企画「マタニティプラネタリウム」 :神奈川県伊勢原市 市立子ども科学館

2019年10月16日に神奈川県伊勢原市の市立子ども科学館でも「マタニティプラネタリウム」が開催されています。

10月16日に市立子ども科学館で「マタニティプラネタリウム」を開催しました。
妊婦や子育て中の人向けのイベントで、講師には臨床心理士で自身も2児の母である青木亜里さんを迎えました。青木さんは子育て経験から自然体であること、落ち着いていることが大事であると学んだそうです。
プログラムのテーマは「リラックス」。前半は呼吸法を取り入れたマインドフルネス体験や、自分が一番安心できる場所を想像するイメージ法で心を落ち着かせる方法を学びました。
後半はプラネタリウムを観賞し、星空の下、親子で穏やかな時間を過ごしました。

:伊勢原市HPより

≪伊勢原市立子ども科学館 ≫
https://www.city.isehara.kanagawa.jp/kagakukan/planetarium/
で告知があり、今年の10月16日開催では一ヶ月前の9月15日から受付けを開始していました。
費用は大人一人につき500円とのことです。

神奈川工科大学厚木市子ども科学館「マタニティプラネタリウム」

毎年恒例となっている厚木市のマタニティプラネタリウムです。

こちらの、市子ども科学館は駅前と立地もよく雨にも濡れずにたどり着けますし(妊婦さんにも嬉しいですね!)、
普段も企画力の高い番組が多く、プラネタリウムの小規模施設部門では1,2を争う人気施設です。

また、施設内の展示ホールは無料ですが、実際に見て触って体験でき、科学の面白さも学べる
非常に楽しい施設ですので小さいお子様がいればオススメですよ~。

≪神奈川工科大学厚木市子ども科学館≫
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/acsc/
マタニティプラネタリウム対象:妊婦さんおよび付き添いの方(大人)

マタニティプラネタリウム(黒部市吉田科学館)

富山県黒部市吉田にある黒部市立の科学館で行われているマタニティプラネタリウムです。

★マタニティプラネタリウム
お腹の赤ちゃんが健やかに生まれてきますように。
満天の星空と胎教音楽に包まれて、ゆったりとした時間を過ごしてください。
春と秋に開催予定です。詳しくは当館までお問い合わせください。
(2019年度は4月・10月に開催予定)

(黒部市吉田科学館HPより)

≪公益財団法人黒部市吉田科学館 ≫
http://kysm.or.jp/planetarium-2-2.html

満天の星空と胎教音楽に包まれながら、リラックスしたひとときをすごしましょう。アロマセラピーとハーブティーもお楽しみいただけます。
対象:妊娠中のお母さんとそのご家族
お申込み:電話もしくは科学館で直接お申し込みください。(TEL:0765-57-0610)
年一回開催の施設が多いですが、年二回開催は良いですね!!

米子市児童文化センター :マタニティプラネタリウム

現在、米子市児童文化センターのプラネタリウムはリニューアル工事中とのことで、
2020年春までは投影を中止しています。
米子市児童文化センター事業概要を見ると、マタニティプラネタリウムに関して年四回程度と、
毎年計画が出され積極的なので、リニューアル後も非常に楽しみですね!!
≪米子市児童文化センター≫
http://yonagobunka.net/jibun/

上尾市 ミニ博物館「青星」

非常にアットホームな上尾のミニ博物館青星です。
こちらでもマタニティプラネタリウムが開催されています。
直近では、

「マタニティ・プラネタリウム」
☆10月13日(日)14時~、10月28日11時~、14時~
☆11月9日(日)14時~、11月25日11時~、14時~

プラネタリウムでゆったりリラックスタイムを。
小学生~大人 200円 3歳以上の未就学児 100円
(定員5名・30分)
と小規模ではありますが、チャンスは多いです。

「青星」のプラネタリウムは、完全生解説投影。決まった原稿はありません。
経験による、確かな知識と技術がその場に応じた自在な投影を可能にします。

たとえば、、、

「子どもと一緒なので、じっと座っていなければならない普通のプラネタリウムは苦手」
  →お座敷形式の小さなプラネタリウムなので、一家族でほぼ貸し切り状態になります。元気なお子様とは、たくさんお話しながらプラネタリウムを見ていきましょう。
    貸し切り状態のときは、寝転んだり、立ち上がって、星に手を延ばしたりしても、O.K.

「リラックスして、日頃の疲れを癒したい」
 →リラックスしたい大人の方には、語りゆっくり、言葉少な目の静かな投影を。ビーズクッションで横になって、音楽を聴きながらお休みください。
   月替わりの香りとともにおとどけする、アロマ投影もございます。
:青星HPより

小さいお子様(お腹の中の子のお兄ちゃんお姉ちゃん)が一緒でも全然大丈夫です。
横になってくつろげる、リラックスプラネタリウムはいかがでしょうか。
≪ 星と宇宙のミニ博物館「青星」 ≫
http://xn--kiv180i.jp/

まとめ

今回ご紹介したマタニティプラネタリウムは、ほんの一部です。
色々な地域で行われており、
なにかと不安な妊娠期に、リラックスや情報交換なんかもできて、
お値段も安いです。
お住まいの地域で実施されてないか調べてみてはいかがでしょうか!?

【マタニティ・ママイベント2019全国版】色々お得がいっぱい!!
全国で開催【無料】ベビー&キッズ&ファミリー Fammの撮影会
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。