【妊活・葉酸】知ってましたか?日本人はほとんど葉酸不足!【葉酸サプリ】

葉酸不足でビックリ
スポンサーリンク

驚愕!日本人のほとんどは葉酸不足!?【妊活中の方必見!?】

日本人女性のほとんどは葉酸不足・・・? どうゆうこと?

日本人のほとんどは葉酸不足!?」
ちょっとビックリさせてしまいましたね。ごめんなさい。

葉酸といえば
「受胎前後における葉酸摂取により胎児の異常(※神経管閉鎖障害)の発症リスクが低減する」

※神経管閉鎖障害(二分脊椎、無脳症、脳瘤)は、妊娠6週頃(受精後4週頃)に発症し、
脳と脊髄の働きを障害します。このうち二分脊椎は、多くが出生後に治療を必要とします。
出生後早期の背中の手術治療のほか、水頭症、歩行障害、排泄障害などの治療、生涯にわたるリハビリテーションが必要になることがあります。また、無脳症は生まれても生命の維持が難しく、
脳瘤では瘤を取る手術をしても神経学的障害が残る可能性があります。

出典:神経管閉鎖障害に関する声明 – 日本産科婦人科学会

ともいわれ、
妊活中」、「妊娠中」、「授乳中」の女性 に、
日常的な摂取に加え、
プラスαで摂取を推奨されている重要な栄養素です。【厚生労働省より】

時期によって、推奨されている摂取量は違いますが、
特に、「妊活中~妊娠初期」には、
「胎児の受入れる体の準備」、及び「成長のために」より多くの葉酸が必要となります。

そんな重要な栄養素であり、
昨今、この重要性がピックアップされ、
たくさんのサプリ商品が販売されている「葉酸」ですが、
それぞれの人が持つ遺伝子によって、体に取り込んだ葉酸の利用効率に差があり、
遺伝子的に葉酸を上手く利用できないタイプ」の人がいるようです。

そして衝撃的な事実、
日本人のほとんどが、
この「葉酸を上手く利用できないタイプ」
ということがわかっています。

まさに「なに~~~~っ!」て感じですね(苦笑)
妊活中、妊娠中で葉酸サプリを検討、使っている方には、
ちょっと見過ごせない話ですよね!!


葉酸を摂っても体が上手くそれを活かせないとは・・・。

葉酸を上手く利用できていない??

妊婦さん

葉酸は私たちの小腸で吸収され、葉酸・ホモシステイン代謝経路という生体内システムで利用されることになります。このシステムにはMTHFR(メチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素)という酵素が関わっていますが、この酵素の量は個人のMTHFR遺伝子によって決められています。実は、日本人女性の6割以上(CT型51.6%、TT型15.6%)がこのMTHFR遺伝子に変異があるといわれていて、これらの女性ではMTHFRの酵素活性が低下しています。つまり摂取した葉酸を上手く利用できない体質といえます。

エレビットHPより

つまり、
日本人の6~7割はMTHFRの酵素活性が低い、
すなわち葉酸を体内で利用できる形にする力が弱く、
葉酸が不足しやすい体質といえます。

葉酸を上手く利用できないと、
血液中のホモシステインというアミノ酸が上昇し、
様々な健康リスクが高まると報告されております。

赤ちゃんのためだけでなく、健康のためにも、
葉酸をより気をつけて、更に多く摂取する必要があるといえます

自分はどのタイプに属するのか?

妊婦さん

といっても、自分がどのタイプの遺伝子に属するのかがわからないと、
どうにもなりませんよね。

妊活中であったり、妊娠中赤ちゃんのことを考え、
万全を期するのであれば、自分のタイプを把握しておきたいところです。


まずどんなタイプがあるのかを見てみましょう。

葉酸代謝遺伝子タイプ

32.8%【C/C型】葉酸が十分摂取できていれば、不足しにくいタイプ
×51.6%【C/T型】葉酸を十分摂取できていても、やや不足しやすいタイプ
×15.6%【T/T型】葉酸を十分摂取できていても、不足しやすいタイプ


この3タイプで、下2つのタイプが葉酸が不足しやすいタイプになります。

自分がどのタイプに属するのかは、
↓↓↓↓

↑↑↑↑
「葉酸代謝遺伝子検査キット」で検査が可能です。
検査自体は非常に簡単で、綿棒で口の粘膜を採取し郵送するだけです。

分析内容としましては、
1.分析結果、各遺伝子型の特徴、ホモシステイン高値が続いた場合のリスク
2.ホモシステインが高くなる理由、ホモシステイン値を下げる食品群
3.葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12を多く含む食材一覧、参考文献

葉酸代謝遺伝子タイプ検査結果
葉酸代謝遺伝子タイプ一覧表
出典: https://u-gene.jp/  ユージーン

自分の体質を知り、
葉酸をどれだけ摂らないと推奨摂取量に届かないのかを知ることができる検査です。
赤ちゃんのため、将来の自分のため、知っておいて損はない検査です。

不足しやすいタイプだった場合

医者・妊婦さん

日本人の6~7割が不足しやすいタイプということで、
検査で、不足しやすいタイプだったからといってガッカリしたり、
過剰に心配する必要はありません。

逆に
この情報を活かして、
食事を気をつけたり、葉酸が多目に配合されている葉酸サプリを選択するなど対策をすれば大丈夫です。

【葉酸が多く含まれる食材と必要摂取量】
https://kakaku.com/supplement/forlick-acid/article/pregnancy/p02.html
価格.com ビューティヘルスより

【葉酸を食品から】葉酸たまごって知ってますか?【妊婦さんの葉酸の摂り方】
https://marunekonya.com/2019/09/10/yosan-tamago/

メジャーなところで言えば、ほうれん草、レバー、納豆、イチゴといった、
葉酸が多く含まれる食材をできるだけ食事に入れるということから意識を変えましょう。

妊活、妊娠中であれば、赤ちゃんのためと思えばしっかりできますよね!
将来の自分の健康のためでもあります!

また、

【葉酸サプリとは?】いつからいつまで飲めばいい?素朴な疑問に全てお答え!【妊活から妊娠、出産に大事な葉酸サプリ辞典】
【葉酸サプリの選び方】妊活妊娠中におすすめの市販葉酸(妊活)サプリはこれで決まり!!

にも書きましたが、
最近では多くの葉酸サプリが販売されており、
自分に合ったサプリを選ぶという事が可能です。

もちろん葉酸サプリを多く含んだ特徴のあるサプリがあります。

産婦人科医推奨No.1 「エレビット」葉酸の含有量ならコレ!

妊娠四ヵ月~出産期間の推奨栄養素量とピックアップサプリメント比較

エレビット成分表
主要葉酸サプリの成分比較評
プレミンのバランスが良いの図

上記ご覧ください。
エレビット」圧倒的、葉酸含有量ですね。
不足しやすく、妊娠四ヵ月~出産までに多く欲しい、鉄も豊富です。

私個人的には、
厚生労働省の推奨量に沿った、ママ目線で販売されているプレミンがオススメなのですが、
葉酸が不足しやすい遺伝子タイプであった場合や、食生活問題、つわりで食事がうまく摂れないといった状況であれば、エレビットのような含有量に頼るべきと考えます。

葉酸が不足すると動脈硬化にもつながり、
脳梗塞や認知症、高血圧などの危険性にも繋がります。
将来を考え、エレビットを定期的に摂取するのも悪くないですね。

サプリに関しては、普段の食生活とのバランスというか、
あくまでサポートするものだと思いますので、
今一度自分の状況(食生活)を考え、自分に合ったサプリを選びましょう。

↓私の【イチオシ】サプリ↓

プレミンを評価!評判や口コミはどうなの?最安値もチェックしました!≪結論は私のおすすめ市販葉酸サプリ最強はコレ!≫
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。