NIPT検査の費用はどのくらいかかるの?【新型出生前診断をご検討される皆さんへ】(比較・保険は?控除は?)

スポンサーリンク

NIPT(新型出生前診断)にかかる費用って?

NIPT(新型出生前診断)は、
妊婦さんに負担が少ない採血のみでできる検査で、
かつ、精度が高く、
次の3つの疾患を調べることができます。
・ダウン症候群(21トリソミー)
・エドワーズ症候群(18トリソミー)
・パトー症候群(13トリソミー)

毎年受検者数も増えており、
35歳未満の若い世代も安心のために検討されている方は多いのではないでしょうか。
今回はそのNIPTにかかる費用を見ていきます。

NIPTにかかる費用で見るポイント

・ 検査費用は15~21万円程度 と医療機関によって異なる
・受診料金および検査料金はいずれも自費(健康保険外)診療
・陽性となった場合の羊水検査の費用が検査費用に含まれているかは要チェック
医療費控除の対象にはなりません

おすすめNIPT施設で実際の費用をチェック

平石クリニック(日本全国OK)】



土日祝日OK当日予約当日検査も可能一度の来院でOK性別検査も可能
日本全国に提携病院有り安心の羊水検査込み価格年齢制限なし
おすすめの、

平石クリニック」さんの費用をまずチェックしていきます。

≪基本検査≫
13,18,21トリソミー検査
180,000円
(税抜)

≪性染色体検査≫
13,18,21トリソミー検査
性染色体検査
195,000円(税抜)

≪全染色体検査≫
13,18,21トリソミー検査
性染色体検査
全染色体検査
微小欠失検査

230,000円(税抜)

安心ポイント
陽性だった場合、羊水検査費用はクリニックが負担
予約キャンセル、予約日変更に対する費用はかかりません。

認可施設にあるカウンセリングが無い分料金が安いイメージです。

カウンセリングに関してですが、重要という意見はありますが、
正直、
陽性時の結論をしっかり持っているのであれば不要と考えています。
人間、相談する時は自分の中に答えは出ている場合がほとんどで、
その自分の意見の正当性を確認したい、自信を持ちたいといった気持ちではないでしょうか。
カウンセリングをする方も人間ですので、自分の思想があり、妊婦さんの意向と違った場合気持ちが揺らぐかもしれません。

また、35歳未満の方でNIPT(出生前診断)
を考えている方は陰性の安心できるエビデンスが欲しい、かつ、
陽性時の心は決まっていると思います。

そんな方は、平石クリニックのように、
土日祝日OKで、日程変更などの融通がききやすい所がオススメです。
当日一日の採血だけで済みますし、
一人でも、夫婦でも、お子様連れでも来院可能です。

NIPT検査は10週~という非常に初期流産も多いデリケートな時期かつ、
周りへの報告を検討する時期かと思います。
NIPT検査で陰性という結果、安心を得て、両親、職場などへ報告をしてみてはいかがでしょうか。



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。