【NIPT】東京で新型出生前診断を受検できる施設一覧【認定施設・おすすめ無認可施設】

妊娠がわかった皆さんへ、ご妊娠おめでとうございます。
どんな赤ちゃんが産まれてくるのか、非常に楽しみですね!!

そんな楽しみとともに、
しっかりと育ってくれているかな?
健康な子が産まれてくるかな?

気になる妊婦さん、パートナー、そのご家族も多いかと思います。

待望の妊娠とともに不安なく過ごし、
安心したマタニティライフ・出産を迎えるために、
2013年より、
NIPT (新型出生前診断)がはじまりました。

非常に精度が高く、採血のみという負担のない検査で、
ダウン症候群(21トリソミー)をはじめとした、エドワーズ症候群(18トリソミー)、パト―症候群(13トリソミー)といった 先天性の疾患(染色体異常・形態異常) を調べることができます。
(赤ちゃんの性別もわかります)

海外では当たり前のように行われている国もあり、
極端なアイスランドの例で言うと、

アイスランド政府は「出生前診断という選択肢が全ての妊婦に提示されなければならない」としており、実際、80~85%の妊婦が出生前診断を希望するという。加えて同国は法律で、妊娠16週目以降であっても胎児がダウン症などの障害を有している場合は堕胎することを許可している。
アイスランドの遺伝子学者カリ・ステファンソン氏はCBSニュースの取材にこのように語った。
「私の理解では、われわれは基本的にダウン症を社会から撲滅したのです。今やアイスランドにはダウン症の子供すらほぼ見られません」「健康な子供を熱望することは何ら悪いことではないと私は考えています」

出典:アメリカでダウン症の堕胎禁止へ アイスランドではほぼ100%が堕胎 より
https://the-liberty.com/article.php?item_id=14393

現状、日本では35歳以上でないと認定施設ではNIPT検査を受けられないですが、
現場では採血だけで検査は専門機関で行われるため精度には違いはなく、
判定自体は無認可施設でも問題はありません。
(認定施設・無認可施設の大きな違いはカウンセリングの有無ですが、決断をするのは当人ですので、判定結果に対しどうするのか夫婦で決めていれば必要ありません。カウンセラーとの相性もありますのでぱっとでてきた、どこの誰かわからない人とこんなにデリケートで難しい問題を相談できないと思います。)

アイスランドの学者さんが言うとおり
せっかく授かった命が、健康である事を確認することは悪いことではありません。
安心したマタニティライフを送る情報におまけとして性別も判定できる検査であります。
判定は専門機関で行われるため、採血さえできればどこで検査を受けても精度などに違いはありませんので、認定、無認可施設は問わず、安心したい方、気になる方はお近く、アクセスの良いクリニックで受検してみていいと思います。

スポンサーリンク

東京のNIPT認定施設一覧

35歳以上などの条件をクリアしている方は認定施設での受検が可能です。
35歳未満の方は↓の無認可施設で受検しましょう。
医療機関によって、受付の曜日や時間、予約方法、予約可能な週数が異なります。
各医療機関のホームページ等でご確認ください。
予約のとりにくいこともありますので早め早めのお問い合わせを・・・。

昭和大学病院〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8
03-3784-8000 (代表)https://showa-f-labo.resv.jp/
愛育クリニック〒106-8608 東京都港区南麻布5丁目6番8号
03-3473-8310 (代表)https://aiiku.resv.jp/
杏林大学医学部付属病院〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2
0422-47-5511 (代表)https://kyorin-nipt.resv.jp/reserve/calendar.php?direct_id=2&x=1564279097
国立成育医療研究センター〒157-8535 東京都世田谷区大蔵2-10-1
03-3416-0181 (代表)https://www.ncchd.go.jp/
東京慈恵会医科大学附属病院〒105-8471 東京都港区西新橋3-19-18
03-3433-1111 (代表)http://www.jikei.ac.jp/hospital/honin/
東京大学医学部附属病院〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
03-3815-5411 (代表)http://www.h.u-tokyo.ac.jp/
東京医科歯科大学医学部附属病院〒113-8519 東京都文京区湯島1-5-45
03-3813-6111(代表)http://www.tmd.ac.jp/medhospital/
東邦大学医療センター大森病院〒143-8541 東京都大田区大森西6-11-1
03-3762-4151 (代表)http://www.omori.med.toho-u.ac.jp/
東京医科大学病院〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-7-1
03-3342-6111 (代表)http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/
日本心臓血圧研究振興会附属榊原記念病院〒183‑0003 東京都府中市朝日町3‑16‑1
042-314-3111 (代表)http://www.hospital.heart.or.jp/



東京のおすすめ無認可NIPTクリニック【年齢制限なし】

【八重洲セムクリニック】

新型出生前診断「NIPT」

★直接5,000件以上のNIPT検査を担当した実績があり、
日本で初めて、年齢制限のないNIPT、染色体検査及び微小欠検査を提供した医療機関です。
毎月200名以上の方が予約、受検しており、安心を手に入れています。

↓年齢制限のないNIPT検査クリニックはコチラ↓
八重洲セムクリニックの詳細やアクセスはコチラ


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-12.png です

羊水検査をクリニック負担で実施可能
検査結果が陽性になって、確定検査の羊水検査に進むことになっても費用の心配はいりません!
(※羊水検査の費用については、当院のNIPTを受けた妊婦様についてはクリニックが費用を全額負担し提供しています。)
また、
人工中絶手術を希望される場合も手術の対応が可能です。

通知方法は郵送または来院の選択が可能です。

通知日:約10日~12日後※通知に関しては検査会社の混雑状況によって上記通知日より早まる場合もありますが、上記が目安になります。

【クリニックからのコメント】

世界的なトレンドとなっている晩婚化は私たちの日本でも着実に進んでいます。それに伴い発生する問題が出産年齢の高齢化です。私は産婦人科医として、これまで多くの相談を受けてきました。高齢出産に対する想いや不安も重々承知しています。ご出産までの約10ヶ月…不安な気持ちを抱えたまま過ごすことは母子ともに幸せな行為でしょうか?当院のNIPTでぜひ安心と幸せに満ちたご出産を迎えてください。

八重洲セムクリニック・奥野病院

新型出生前診断「NIPT」

アクセス
東京都中央区京橋2-6-16エターナルビル4F

・東京駅八重洲中央口徒歩 8分
・京橋駅6番出口徒歩 1分

【平松クリニック】

NIPT新型出生前診断 平石クリニック


・当日予約・当日検査可能です。体調の変化が多い妊婦さんのため、予約キャンセルも受付
年齢等の制限がなく受けたい方が受検できます(20代も可)【35歳未満は認定施設でできません】
基本検査18万円(万が一陽性だった時の羊水検査費用を全額クリニックが負担いたします。)
・日本全国にネットワークがあり、妊婦様にご負担をかけません (HPでチェック)
・カードでの支払いも可能

そもそもNIPTとは

【新型出生前診断】NIPTとは?東京で検査を受けられる施設も紹介【妊娠がわかった皆さんへ】

妊娠初期におすすめ!(葉酸サプリ・マタニティウェア・妊娠線予防)

【葉酸サプリランキング】妊活~妊娠初期にあなたが飲むべき本物の市販サプリ【おすすめ葉酸サプリメント】
【葉酸サプリの選び方】妊活妊娠中におすすめの市販葉酸(妊活)サプリはこれで決まり!!
【マタニティウェア】おすすめキレイ・カワイイ厳選カタログ
【妊娠線予防はいつから?】おすすめの市販予防クリーム・オイルも紹介します!【妊娠線とは?】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。