【高齢出産】そのリスクとは【NIPT】

スポンサーリンク

高齢出産

高齢出産の定義

女性の社会進出、時代の変化などから、年々女性の初産の平均年齢が上がっています。
少し前までは、30歳以上でも高齢出産といわれていた時代もありましたが、
平均年齢自体がそのあたりの水準まで上がってきています。

現在、WHO諸国、ならびに日本産婦人科学会の定義によると、

高齢出産は35歳以上の初産とされています。

まわりを見ていても、30代での初産はそれほど稀なことでもなくなっている昨今ですが、
そういった定義がなされている理由、そのリスクはどんなものがあるのでしょうか。

高齢出産のリスクとは

まず、35歳前後から、卵巣の機能が低下し、万全な卵子が作られにくくなってくるなど、変化がでてくると云われています。
(もちろん個人差があり、定義としている年代でも、母子ともに健康な出産されている方は多くいらっしゃいますので、一概には言えません)

そして、統計的には以下のようなリスクがあるといわれています。

妊娠率の低下など

・卵子の数が減ってしまうため、受精までに時間がかかってしまい、いわゆる「不妊」の状態に陥ってしまう可能性があります。
また、せっかく妊娠までたどり着いても、30代あたりから、流産や死産の可能性が上昇するといわれています。

そして、妊娠中のさまざまな合併症の頻度も上昇。
胎盤が子宮からはがれてしまう「常位胎盤早期剝離」や、
胎盤が子宮口を塞いでしまう「前置胎盤」などが発症することもあります
また、出産の際には帝王切開になる確率が高くなる、というリスクも発生します。

赤ちゃんへの影響

産まれてくる赤ちゃんへの影響として、ダウン症の可能性が増加したり、
自閉症などの発達障害が発生する可能性があります。

染色体異常による疾患のうち、1番多いのが「ダウン症」です。約700人に1人の割合で出生すると言われています。知的発達に遅れがでたり、特有の顔立ちがあらわれることが特徴です。
(染色体異常としては20歳代での発生率が0.1%なのに対し、35歳以上では0.3%まで上昇するとも言われている)

自閉症とは、もって生まれた疾患であり、脳に障害が起こる発達障害のひとつで、3歳までには何らかの症状が見られると言われています。

母体への影響

妊婦の死亡率は20歳代と比較して3倍~5倍といわれ、母体への負担は大きいようです。
死亡に至るほどの重症なケースは稀ですが、高血圧などの症状を引き起こす可能性は高まります。
妊娠時に血圧が高くなる「妊娠高血圧症候群」は40歳を超えると特に注意が必要です。
この高血圧は、脳出血など重症化する場合もあります。

まとめ
・ 流産の確率が上がる
・ ダウン症など先天異常のリスクが上昇
・ 妊娠⾼⾎圧症候群や妊娠糖尿病を発症しやすい
・ 難産になる恐れがある

高齢出産リスクに対してできること



リスクを見るだけですと怖くなってしまうところですが、
現実、30代40代の方が続々無事出産をしております。
元気な赤ちゃんを産むために、何かできることはないのでしょうか。
リスクを頭に入れつつも過度にナーバスになる事なく取り組めることからやってみましょう。

医療機関へ相談する

当然といえば当然ですが、妊活でもうまくいかない事があれば相談。
何かあれば先生は、それに対しての的確なアドバイスを持っています。
自己判断や、何かあったら嫌だから聞きたくないではなく正しい行動ができるように、何かあればしっかり相談してみましょう。

自己管理をしっかりする

高齢出産で考えられる、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といったリスクも、
普段からの自己管理、BMIといった数値を標準に戻しておくよう食事等にも気を配り、
少しでもリスクを抑えましょう。

新型出生前診断(NIPT)】

高齢出産での赤ちゃんへのリスクとして、
ダウン症をはじめとする染色体異常が考えられます。
こちらの検査として妊娠10週目頃に、採血だけで受けられ、精度の高いNIPTというものがあります。

【新型出生前診断】NIPTとは?東京で検査を受けられる施設も紹介【妊娠がわかった皆さんへ】



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。