【新型出生前診断】NIPTとは?東京で検査を受けられる施設も紹介【妊娠がわかった皆さんへ】

妊娠がわかった皆さんへ、

ご妊娠おめでとうございます。

どんな赤ちゃんが産まれてくるのか、非常に楽しみですね!!

そんな楽しみとともに、

しっかりと育ってくれているかな?
健康な子が産まれてくるかな?

気になる妊婦さん、パートナー、そのご家族も多いかと思います。

私も、無事産まれるまで心配で、先生にしつこく相談したり、ネットで調べに調べて、
納得したり、安心したり、勝手に不安になってしまったりして、
そんな中得た内容を伝えていきたいと思います。

今回は、
妊娠後、早期に、
赤ちゃんにダウン症をはじめとする染色体異常がないかどうか検査できる
新型出生前診断「NIPT」のお話です。

スポンサーリンク

出生前診断とは?わかりやすく解説

自分の赤ちゃんが健康であってほしいという願いはすべてのママ、パパ、ご家族の願いです。

通常の妊婦検診における胎児超音波検査でも、
生後早期に治療の必要となる多くの病気がみつかるため、これで十分と考えられていますが、

近年では医学の進歩により、
赤ちゃんについての情報が、お腹にいる状態で早期に知る方法が開発されてきました。

それが、出生前診断であり、
どのような病気や異常を持っているかを調べ、診断を行うことです。

この診断では、
主に先天性の疾患(染色体異常・形態異常)を調べることができます。

よく知られているのは染色体異常を調べる検査であり、
具体的には、
ダウン症候群(21トリソミー)、エドワーズ症候群(18トリソミー)、パト―症候群(13トリソミー)を調べることができます。
ダウン症は知っている方、聞いたことがある方が多いと思います。

お母さんのお腹の中にいる早期の段階で知ることのできる検査であり、
前もってこういった事を知ることにより

陰性であれば、より安心したマタニティーライフを送ることができる
赤ちゃんの体を守ることだけでなく、妊婦さん(お母さん)の体をリスクから守ることができる
治療を早期に始められる
生後、重い状態にならないような準備ができる
情報を得ることで選択肢を持つことができる(中絶という選択肢)

こういったプラス面があります。



精度の高く採血だけで可能な新型出生前診断【NIPT】

NIPT新型出生前診断 平石クリニック

NIPTと他の検査との優位性

出生前診断にはいくつか種類があり、
正確に診断を下すものとして、
いわゆる「確定検査」と呼ばれる、
羊水検査や絨毛検査があります。

しかし、羊水検査(子宮に針を刺す)や絨毛検査は、精度が高いものの、
わずかながら流産の可能性があるため、
これらの検査を行うかどうかを判断するために非確定検査を行います。

少し前まで、
非確定検査(コンバインド検査・母体血清マーカー検査)の精度の低さが問題ではありましたが、

日本では2013年より
NIPT(新型出生前診断)」が開始され、
その、

精度の高さ
採血だけですむ
検査が受けられる時期が長い

ことにより、
多くの妊婦さんが受検、年々受検者数が増加しております。

検査としては採血のみと非常に簡単であるうえに、
検査結果は確定ではないものの99%の精度と非常に優秀な検査です。


NIPTとその他出生前診断の比較

実際に、NIPTを受検された方の声としても、

・流産リスクがないから安心
・妊娠早期から検査ができる
・精度が高い

採血のみなので簡単


という声がアンケートの上位評価に入っているようです。

繰り返しになりますが、
検査自体は採血のみなので母体、赤ちゃんともに負担がほとんどなく、
更に精度が高く、重要な判断となる 検査結果を得られるのがNIPTです

待望の妊娠!!!! の喜びもつかの間、
ダウン症等の染色体異常が気になり不安な日々お送られているようであれば、
ご家族とともによく話し合い、NIPTを含む最良の選択肢を選んで安心して欲しいと思います。
早期に採血のみの検査で、ダウン症などの可能性を否定できれば非常に安心できると思いますし、
不安な精神状態は赤ちゃんにもよくないと思います。



NIPTの結果は?その後の選択肢は・・・

検査の結果は、
施設によってばらつきはありますが、
おおよそ1~2週間で判定が出ます。

内容としては、それぞれの染色体に対して、
「陽性」か「陰性」で判定されます。

ここで「陰性」であれば、不安な気持ちも解消し、
残りのマタニティライフも安心して過ごすことができます。

陽性と出た場合、
その染色体の変化を有する(異常あり)可能性が高いことを示しています。

とはいえ、可能性が高いということで確定ではなく
このあと羊水検査などの確定検査をする流れになります。
(NIPTの検査で陽性が出た場合の羊水検査はクリニックが負担をしてくれることが多いです)

NIPTにかかる費用って?

・検査費用は医療機関によるものの20万円程度です。(保険適用外となります)

基本料金
■認定施設 :16~21万円
■無認可施設:18万円

陽性の場合の確定検査(羊水検査)
■認定施設の場合 :追加費用なし
■無認可施設の場合:施設による。

NIPT検査のできる施設は・・・

【NIPT】東京で新型出生前診断を受検できる施設一覧【認定施設・おすすめ無認可施設】



↑↑おすすめNIPT実施施設↑↑
NIPT平石クリニック 新型出生前診断(NIPT)

・年齢等の制限がなく受けたい方が受検できます【35歳未満の方はここ!】
・日本全国にネットワークがあるので、妊婦様にご負担をかけません。
・万が一陽性だった時の羊水検査費用をクリニックが全額負担いたします。
・当日予約・当日検査可能です
予約日程変更ももちろん無料
体調の変わりやすい妊婦さんには嬉しいですね。NIPTを悩んでようやく決心がついたころには予約が取れない!せっかく予約したのにその日は辛い日・・・よくある事ですので安心です。
カードでの支払いも可能

新型出生前診断「NIPT」

↑↑おすすめNIPT実施施設↑↑

★直接5,000件以上の検査を担当した実績がある
日本で初めて、年齢制限のないNIPT、染色体検査及び微小欠検査を提供した医療機関です。
★毎月200名以上の方が予約、受検しており、安心を手に入れています。

羊水検査をクリニック負担で実施可能
(※羊水検査の費用については、当院のNIPTを受けた妊婦様については当院が費用を全額負担し提供させて頂いております。)
人工中絶手術を希望される場合も手術の対応が可能です。
陽性的中率:97.6%
陰性的中率:99.99%
※35歳の21トリソミーを想定した確率詳細は検査資料を
ご覧ください。
通知方法:郵送または来院(選択可)
通知日:
約10日~12日後※通知に関しては検査会社の混雑状況によって上記通知日より早まる場合もありますが、上記を目安としてお考え下さい。
国際医療の輸送企業が専門輸送現地支社による輸入対応の実施紛失ゼロ
国際出生前診断学会(ISPD)会員40年以上の出生前診断の実績を持つ産婦人科専門医[大学系]
産婦人科専門医
[その他個人クリニック]
産婦人科専門医以外の医師
基本検査
13、18、21番染色体、性別判定、モノソミーX(ターナー症候群)など性染色体の異常についても検査可能全染色体検査
ダウン症候群(21トリソミー)、18トリソミー、13トリソミーの3種類だけでなく、1~22番の全染色体の検査及び性別判定、モノソミーX(ターナー症候群)など性染色体の異常についても検査可能微小欠失検査
1p36欠失症候群、4p欠失症候群、5p欠失症候群、15q11.2欠失症候群、22q11.2欠失症候群の検査
基本検査
196,000円(税別)全染色体検査
・220,000円(税別)全染色体+
微小欠失検査
・230,000円(税別)
1回の来院のみで採血が可能毎週日曜日に採血が可能
世界的なトレンドとなっている晩婚化は私たちの日本でも着実に進んでいます。それに伴い発生する問題が出産年齢の高齢化です。私は産婦人科医として、これまで多くの相談を受けてきました。高齢出産に対する想いや不安も重々承知しています。ご出産までの約10ヶ月…不安な気持ちを抱えたまま過ごすことは母子ともに幸せな行為でしょうか?当院のNIPTでぜひ安心と幸せに満ちたご出産を迎えてください。
公式HP:奥野院長より

↓公式HPはこちら↓

新型出生前診断「NIPT」

まとめ

NIPTは、
ダウン症候群(21トリソミー)、エドワーズ症候群(18トリソミー)、パト―症候群(13トリソミー)といった染色体異常を、
早期に妊婦・胎児ともに負担リスクなくかなりの精度で確かめられる検査です。
(確定検査ではないため、陽性であれば更なる羊水検査などが必要)

精度の高い検査であり、陰性であれば高い安心を得られます。
しかし、
NIPT陽性の後、羊水検査も陽性であった場合どうするのか、決断を迫られることになります。

命の選別とも言われ、この検査をすることにより、安易な中絶が行われるといった批判の声も少なからず出ていますが、
これに関しては、自分の子を中絶することになっても、その理由がどんな事であれその決断に安易なんてことは絶対にないと思いますので他人がどうこうキレイごとを言う話ではないと思います。

追記:Q&A

Q:リスクやデメリットなどは?
A:・100%でない異常「偽陰性」もあります。・検査結果で何がわかるのか、出た結果に対して家族としてどうするのか、しっかりと話し合った上での検査でない場合、不安、心配が逆に継続、大きくなる可能性があります。我が子のことで重大な結果、決断を求められる事もあります。

Q:NIPT認定施設と無認可施設の違いは?

無認可というと聞こえは悪いような気がしますが、
検査自体は採血のみなので、
胎児超音波検査のように、医師の腕、経験によるような差が出ることはないので、
結果判明などに違いはありませんので御安心ください!

高齢出産によるダウン症などの確率が上がるため、認定施設で受けるには35歳以上という条件がありますが、
海外では当たり前に受検する検査でもあり、わが子がダウン症等の異常はないか確認したいというのは普通の考えですので、若い方も安心を手に入れるために無認可施設で検査を受けるのは全然アリだと思います。

また、認可施設・無認可施設の違いとしてはカウンセリングが無いという事があります。
たしかに、
こういった部分が無いことによる、妊婦さんへの説明不足やフォローが足りないことを問題視する声もありますが、正直これに関しては、異常があった場合に中絶をするという命の選別になるのではないかという倫理的な問題が大きいと思います。
が、 繰り返しになりますが、
自分の子を中絶することになっても、その理由がどんな事であれその決断に安易なんてことは絶対にないと思いますので他人がどうこうキレイごとを言う話ではないと思います。

早期に異常があるかないか確認したい、確認して安心がしたい
というのであれば無認可施設でも受けるべきだと思います。



↑は、当日予約、当日検査可能。全国にネットワーク有りで、
陽性時の羊水検査も全額負担してもらえます。(日本国内であればどこで検査を受けても対象)
こういったフォロー体制がしっかりとした所なら安心ですね。

↓【DNA先端医療presents 山田邦子のルーズベルトな夜】

【DNA先端医療presents 山田邦子のルーズベルトな夜】 2019.07.05放送分 MC 山田邦子 前すすむ (全力じじぃ) 平石貴久 (NIPT平石クリニック)

妊娠初期におすすめ!【葉酸サプリ・マタニティウェア・妊娠線予防】

【おすすめ葉酸サプリを徹底比較】妊活~妊娠初期にあなたが飲むべき本物の市販サプリランキングby【妊活・マタニティ・葉酸サプリをご紹介】◎ねこママのまったり新生活
【葉酸サプリの選び方】妊活妊娠中におすすめの市販葉酸(妊活)サプリはこれで決まり!!
【マタニティウェア】おすすめキレイ・カワイイ厳選カタログ
【妊娠線予防はいつから?】おすすめ市販予防クリーム・オイルも紹介します!



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。